MainStage: External Instrument Legacy

External Instrument Legacy

External Instrument Legacyプラグインを使うと、外部MIDIサウンドジェネレータをミキサーにルーティングし、エフェクトでそれを処理することができます。

External Instrument Legacyは、挿入先の音源チャンネルストリップを通じてMIDI情報を送受信するときにも使用されます。これにより、MIDIとオーディオの両方の外部サウンドモジュールを1要素から制御することができます。

継続的なデバイスの再パッチを避けるために、複数の入出力に対応したオーディオインターフェイスを使用することをお勧めします。このプラグインは、ソフトウェア音源の代わりに音源チャンネルストリップに挿入されます。

注記:プロジェクトを読み込んだらすぐに、External Instrument Legacyのインスタンスを、アップデートされて柔軟性の高まったExternal Instrumentプラグインに入れ替えることをお勧めします。

External Instrumentのパラメータ

  • 「Environment Destination」ポップアップメニュー: 目的の環境のオブジェクト(多くの場合MIDI音源およびチャンネル)を選択します。

  • 「Input」ポップアップメニュー: MIDIサウンドジェネレータが接続されているオーディオハードウェアの、入力端子を選択します。

  • 「Input Volume」スライダ/フィールド: スライダを動かして、入力信号のレベルを設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?