MainStage: Space Designerの音量エンベロープ

Space Designerの音量エンベロープ

音量エンベロープを使うと、リバーブの初期レベルを設定し、音量の経時的な変化を制御することができます。どの音量エンベロープパラメータも、数値を入力して編集できます。また、パラメータの大部分はグラフィックスからでも編集できます。Space Designerのエンベロープを編集するを参照してください。

図。音量エンベロープ。パラメータとノードが表示されている。

音量エンベロープのパラメータ

  • 「init level」フィールド: インパルスレスポンスのアタックフェーズの初期音量を設定します。この値は、インパルスレスポンス・ファイルの全体の音量に対するパーセンテージで表されます。通常、アタックフェーズは通常インパルスレスポンスの中で最も音量の大きな部分です。「init level」を100 %に設定すると、初期反射音を最大音量で鳴らすことができます。

  • 「attack」フィールド: 音量エンベロープのディケイフェーズが始まるまでの時間を指定します。

  • 「decay」フィールド: ディケイフェーズの長さを設定します。

    注記:全体的なディケイは、「Length」と「Size」のグローバルパラメータ値によって決まります。つまり、「Length」の値が100%、「Size」の値が100%であれば、ディケイは読み込んだインパルスレスポンス全体と同じ長さになります。

  • 「exp」ボタン: きわめて自然な響きのリバーブテイルを得るために、音量エンベロープのディケイカーブの形状を指数関数アルゴリズムによって決定します。

  • 「lin」ボタン: 音量エンベロープのディケイカーブの形状を線形アルゴリズムによって決定します。より人工的な響きのリバーブテイルになります。

  • 「end level」フィールド: リバーブの最後の音量を設定します。この値は、音量エンベロープ全体に対するパーセンテージで表されます。

    • 0 %に設定すると、リバーブテイルをフェードアウトできます。

    • 終了位置がリバーブテイル内にある場合、100 %に設定すると、リバーブテイルはフェードアウトされずに突然切れます。終了位置がリバーブテイルの外側にある場合は、「end level」は作用しません。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?