MainStage: Vintage B3のプリセットキーを使用する

Vintage B3のプリセットキーを使用する

Hammond B3では、ドローバーの下に12個のボタンが付いています。これらのプリセットキーは、普通の鍵盤とは黒鍵と白鍵が逆になっています。プリセットキーを使って、あらかじめ登録しておいたドローバーの設定を呼び出すことができます。

図。Vintage B3のプリセットキー。

上鍵盤のプリセットキーは「Upper Morph」スライダの左に、下鍵盤のプリセットキーは「Upper Morph」スライダの右にあります。各キーにはドローバーの位置が縦線で示されています。このミニチュアドローバー表示は、リアルタイムでアップデートされます。呼び出したプリセットのドローバーは、すぐに編集できます。ドローバーの位置変更は、変更時に自動的に記憶されます。また、「Save To」機能を使ってドローバー設定を特定のプリセットキーに保存することもできます。Vintage B3のモーフィングコントロールを使用するを参照してください。

重要:プリセットは、上段と下段いずれかの鍵盤のドローバー設定にのみ関連付けられます。ビブラートやその他のパラメータ設定は保存されません。エフェクトを含む全体の音源設定の保存や呼び出しには、プラグインウインドウのヘッダにある設定ポップアップメニューを使用します。

C#-A#のプリセットを呼び出した状態でパーカッションを効かせるためには、「Perc on Preset」パラメータを「All」に設定しておく必要があります。Vintage B3のパーカッションエフェクトを参照してください。

プリセット(ドローバー設定)キーのデフォルトの範囲はMIDIノート番号24番-35番(C0-B0)です。つまり、演奏可能な最低音のMIDIノート番号は36で、これはC1に相当します。鍵盤の音域は、 Mainstage 3 またはVintage B3自体でトランスポーズできます。61鍵の鍵盤(音域C-C)では、ホストアプリケーションのトランスポーズ値を0に設定すると全音域を演奏できます。プリセット(ドローバー設定)キーは、トランスポーズした音域またはしない音域の1オクターブ下になります。シングル・チャンネル・コントローラを使うを参照してください。

ドローバー設定を選択する

  1. コントロールバーの「Main」をクリックし、右下の「Presets」ボタンをクリックします。

  2. 「Upper Morph」スライダの左(上鍵盤)または右(下鍵盤)にあるプリセットキーのいずれかをクリックします。

  3. プリセットキーのMIDIノート(MIDIノート番号24-35)のいずれか1つを演奏します。

ドローバー設定を初期化する

  1. コントロールバーの「Main」をクリックし、右下の「Presets」ボタンをクリックします。

  2. 上鍵盤または下鍵盤のプリセットキーの最低音(「C0」)をクリックします。 それ以外の、C#からBまでの11個は、あらかじめ登録しておいた上鍵盤または下鍵盤のドローバー設定を呼び出すためのキーです。

  3. MIDIノート番号24を演奏します。

演奏中にVintage B3のドローバー設定を切り替える(オルガン・ゲート・エフェクト)

  1. コントロールバーの「Main」をクリックし、右下の「Presets」ボタンをクリックします。

  2. 右手でコードを押さえながら、左手の小指でマスターキーボードのClearキー(C0)を押します。

  3. 左手のほかの指でプリセットキーを押します。

    いずれかのプリセットキーを押すたびに、右手で演奏中のコードが(新しいドローバー設定で)再トリガされます。この両手を使った奏法により、オルガンならではのゲートエフェクトを出すことができます。新しいドローバー設定に切り替えるたびに、コードが再トリガされます。

MIDIによるプリセットキーの切り替えを無効にする

トランスポーズで問題が起こる場合は、MIDIノート24-35番でプリセットを切り替える機能を無効にできます。

  1. コントロールバーの「Main」をクリックし、右下の「Presets」ボタンをクリックします。

  2. 「Select via Keyboard」をオフにします。

2ドローバーコントローラを使ってVintage B3のドローバー設定を切り替える

2ドローバー・ハードウェア・コントローラを使う場合は、ハモンドオルガンのように2つのドローバー設定を切り替えることのできる追加モードを利用できます。デフォルトでは、ドローバーを動かすと常に、現在アクティブなプリセットキーの設定が変更されます。この動作は、実機のハモンドオルガンとは異なります。実機では、ドローバーを動かしたときに変更されるのはA#(上鍵盤)およびB(下鍵盤)のプリセット設定だけです。このように機能するドローバーを利用すれば、演奏中に新しい設定を登録し、後でその設定に切り替えることができます。

  1. 「Options」ウインドウを開き、「Edit Preset Key」のスイッチを「A# & B only」に設定します。

    これで、上鍵盤のドローバーではA#プリセットキーの設定が変更され、下鍵盤のドローバーではBプリセットキーの設定が変更されるようになります。

  2. A#プリセットキーのドローバーを動かします。ドローバーを動かしながらキーボードを演奏しても、現在選択しているドローバー設定は変更されません。

  3. A#プリセットキーに登録したドローバー設定に切り替えます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?