MainStage: MIDIプラグインを使う

MIDIプラグインを使う

MIDIプラグインはソフトウェア音源チャンネルストリップに挿入します。このプラグインは、MIDIリージョンやMIDIキーボードからのMIDIデータをリアルタイムで処理および生成します。トランスポーズランダマイズなどの処理をするための各種プラグインに加え、ArpeggiatorChord Trigger、およびModulatorが含まれています。Scripterでは、独自のMIDI処理/生成スクリプトを作成できます。

MIDIプラグインはソフトウェア音源チャンネルストリップのオーディオパスの前に直列で接続します。

MIDIプラグインにはMIDI入力、MIDIプロセッサ、MIDI出力が備わっています。MIDIプラグインから送られる出力信号は、MIDIノートやコントローラメッセージなどの標準的なMIDIイベントです。

1つまたは複数のMIDIプラグインを挿入する

  1. EQグラフィックと、ソフトウェア音源チャンネルストリップの音源スロットとの間をクリックします。

  2. 使用するMIDIプラグインの名前を「MIDIプラグイン」ポップアップメニューから選択します。

    選択したMIDIプラグインのウインドウが開き、MIDIプラグインの名前が記された緑色のラベルがチャンネルストリップに表示されます。

  3. さらに別のMIDIプラグインを挿入するには、チャンネルストリップに挿入されているMIDIプラグインのラベルの上端または下端にポインタを移動して、緑色の線が表示されたらクリックします。

    注記:この方法で挿入したMIDIプラグインのウインドウは自動的には開きません。ラベルをクリックすると、プラグインウインドウが開きます。

MIDIプラグインの順序を変更する

  • 移動するMIDIプラグインのラベルを、移動先となるMIDIプラグインのラベルにドラッグします。

    • 移動先のMIDIプラグインが一番上のスロットにある場合: 移動先のMIDIプラグインはリスト内を下に移動します。

    • 移動先のMIDIプラグインが一番下のスロットにある場合: 移動先のMIDIプラグインはリスト内を上に移動します。

    • 移動先のMIDIプラグインがスロットの中ほどにある場合: 2つのプラグインの位置が入れ替わります。

MIDIプラグインを削除する

  • 削除するMIDIプラグインのラベルの右端近くにある矢印をクリックし、ポップアップメニューから「プラグインなし」を選択します。

MIDIプラグインをバイパスする

  1. MIDIプラグインのラベルの左端近くにあるバイパスボタンをクリックします。

    プラグインのラベルが淡色で表示されます。バイパスされる場合でもプラグインのパラメータ設定は保持されます。

  2. バイパスボタンをクリックすると、MIDIプラグインが使用できる状態に戻ります。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?