MainStage: Channel EQのアナライザ

Channel EQのアナライザ

アナライザは、高速フーリエ変換(FFT)という数学的な処理を利用して、入力信号のすべての周波数成分をリアルタイムで表示します。この周波数成分は、設定したEQカーブに重ねて表示されます。アナライザカーブにはEQカーブと同じスケールが使用されているため、重要な役割を持つ周波数を容易に見分けることができます。また、EQカーブを設定して周波数のレベルおよび範囲を調整することが簡単になります。

FFT分析から得られる帯域は対数に基づいてスケーリングされるので、オクターブが高いほど、低い場合よりも多くの帯域に分割されます。

アナライザを有効にすると、スケールをデフォルトのダイナミックレンジの60 dBから変更できます。グラフィック表示の右にあるスケールを垂直方向にドラッグすると、最大値を+20 dBから- 80 dBの範囲で設定できます。アナライザのディスプレイは、常にdB単位のリニア表示です。拡張パラメータでは、アナライザに関するいくつかの追加パラメータを設定できます。

注記:アナライザの分解能を上げると大幅に処理能力が増します。たとえばベース周波数が非常に低い場合に正確な分析を行うには、分解能を上げる必要があります。EQパラメータを設定した後は、アナライザをオフにするか、Channel EQウインドウを閉じることをお勧めします。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?