MainStage: Drum Kit Designerのマッピング

Drum Kit Designerのマッピング

Drum Kit DesignerはGM規格と互換性があります。「GM + ModWheel」を選択すれば、ドラム演奏の間にハイハットを開閉する程度をキーボードのモジュレーションホイールで調整することもできます。

Drum Kit DesignerはV-Drum標準とも互換性があります。

この図は、拡張パラメータの「Input Mapping」ポップアップメニューで異なるモードを選択した場合、およびブラシスネアを含むキットの使用時に、ドラムサウンドがどのように再マップされるかを示しています。ブラシスネアを含むキットには、いくつかの特殊な機能が用意されています。これについては図の下で説明します。

図。Drum Kit DesignerのGM規格、GM + ModWheel、およびBrush Snareのキーボードマッピング。

ブラシスネアの特殊な機能

ブラシスネアを含むキットには、演奏や作曲を改善できるプリセットの動作があります。

注記:以下の機能は、ブラシスネアのドラムサウンドをトリガするキーにのみ該当します。

  • MIDIチャンネル1の使用時には、左手または右手での演奏が自動的に選択されます。この動作は、ブラシサークルに左手を使う(左手がまだ使われていない場合)などのデフォルトの環境設定と演奏の状況に基づきます。たとえばスネアタップでは、スネアヒットを高速で連続して演奏する場合に、デフォルトの環境設定の右手が左右交互に変更されます。

    注記:どちらの手を使うかは、右手にMIDIチャンネル2、左手にMIDIチャンネル3を使用することで強制的に設定できます。

  • ブラシサークルはノートがホールドされている間継続的に演奏され、プロジェクトのダウンビート、テンポ、拍子と同期してすべての小節でランダムにループします。サークルがホールドされているのと同じ手でタップされると、サークルがただちに始めから演奏されます。

  • ブラシの強制設定が考慮に入れられるミュート状態が2つあります。これらのミュート状態は、アクティブ(ブラシヒットによって切り替わる)またはパッシブ(他方のブラシがスネア上で停止することで切り替わる)、あるいはその両方の組み合わせのいずれかになります。現在のミュート状態が自動的に追跡されるため、スネアが演奏されるたびにサウンドがわずかに変化します。たとえばサークルの演奏中のスネアタップは、無音から演奏された場合とわずかに異なるサウンドになります。

  • キーC#0およびD#0のSnare Center Muteのアーティキュレーションでは、ブラシがヒット後にスネアヘッド上にとどまります。これらのキーがホールドされている間は、同じ手でのサークルの演奏が中断されます。どちらかのキーがリリースされると、サークルが再開されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?