MainStage: ChromaVerbのメインウインドウのコントロール

ChromaVerbのメインウインドウのコントロール

メインウインドウには最もよく使われるパラメータがあり、グラフィックディスプレイに Damping EQのオーバーレイが表示されます。

詳細ウインドウには詳細パラメータがあり、6バンドの内蔵Output EQが表示されます。右上の「Main」ボタンまたは「Details」ボタンをクリックすると、ウインドウが切り替わります。

図。ChromaVerbのメインウインドウのコントロールパラメータ。

ChromaVerbのメインウインドウのコントロールパラメータ

  • 「Attack」ノブ/フィールド: リバーブのアタックフェーズを設定します。選択した部屋の種類に応じて、音量または密度の立ち上がり時間に影響します。

    • 部屋の種類に「Theatre」、「Dense Room」、「Smooth Space」、「Reflective Hall」、「Strange Room」、または「Airy」を選択すると、時間の経過と共に音量が上がっていきます。

    • 「Room」、「Chamber」、「Concert Hall」、「Synth Hall」、「Digital」、「Dark Room」、「Vocal Hall」、または「Bloomy」を選択すると、「Density」ノブで指定した密度の最大値に達するまでの時間が設定されます。

  • 「Size」ノブ/フィールド: 部屋の大きさを設定します。値を高くすると、それに応じて空間が広くなります。

  • 「Density」ノブ/フィールド: 部屋の種類に応じて、初期と後期の反響の密度を同時に調整します。

  • 「Predelay」フィールド: 原音信号の開始から初期反射音が到着するまでの時間間隔を設定します。プリディケイを短く設定するとサウンドが遠ざかり、長く設定するとサウンドが手前に来ます。

    プリディレイを非常に短く設定すると音色が変わり、信号源の位置が特定しにくくなります。非常に長く設定すると不自然なエコーに聞こえ、原音信号と初期反射音とが完全に離れて間が生じることもあります。最適な設定は、入力信号の種類(より正確にはエンベロープ)によって異なります。パーカッシブな信号であれば、通常は「Predelay」の長さを信号よりも短くし、アタックが徐々にフェードインするように設定する必要があります。最も良い設定方法は、「Predelay」をできるだけ長くしてみて、音響エコーなどの副作用が生じ始める地点を調べます。この状態に達したら「Predelay」の設定を若干短くします。

  • プリディレイ同期ボタン: オンにすると、「Predelay」の値が、ホストアプリケーションのテンポと同期しているディビジョンに制限されます。

  • 「Decay」ノブ/フィールド: ディケイ時間を設定します。特定の周波数のディケイは、減衰パラメータの値に依存します。

  • ディケイ同期ボタン: オンにすると、「Delay」の値が、ホストアプリケーションのテンポと同期しているディビジョンに制限されます。

  • 「Freeze」ボタン: オンにすると、選択した種類の部屋で信号が無限に再循環します。

  • 「Distance」ノブ/フィールド: 初期および後期のエネルギーを変更して、音源からの聴感上の距離を設定します。

  • 「Dry/Wet」スライダ/フィールド: ソース信号とエフェクト信号のレベルを個別に設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?