MainStage: Vintage Clavの概要

Vintage Clavの概要

Vintage Clavは、Hohner社のビンテージ楽器、クラビネットD6をエミュレートします。D6といえばファンクの代名詞とも言えるサウンドですが、1970年代にはロック、ポップ、エレクトリックジャズの分野でもスティービー・ワンダー、ハービー・ハンコック、キース・エマーソン、フォリナー、コモドアーズなどのアーティストによって広く知られるようになりました。スティービー・ワンダーの「迷信」(Superstition)や「ハイヤー・グラウンド」(Higher Ground)を聴いたことがあるなら、D6の音にはなじみがあるはずです。D6クラビネットの歴史を参照してください。

Vintage Clavのコンポーネントモデリング合成エンジンは、実物のD6の基本的なサウンドだけでなく、その多彩な弦のうなりやキークリック、ピックアップのトーンなどもシミュレートします。Vintage Clavは、アタックフェーズでの弦の弾き具合や引っかかり、さらにはハンマーパッドの食い付きも正確にエミュレートします。D6クラビネットの機械構造の詳細を参照してください。

Vintage Clavの合成エンジンは、モノではなくステレオで出力できるため、Hohner社のクラビネットD6のサウンドをいっそう向上させます。また、実物のD6の音域はFからEまで全部で60鍵ですが、Vintage ClavではMIDIの全音域(127音)に拡大されています。

Vintage Clavには、広範なサウンド制御オプションが備わっています。Vintage Clavのトーンは大胆に変化させることができるため、往年のクラビネットサウンドをシミュレートすることはもちろん、クラビネットの音にほとんど似ていない新しい音色を作り出すこともできます。

Vintage Clavに内蔵されているエフェクトプロセッサを使って、実物の楽器でよく使用されるワウ、モジュレーション、ディストーションといった古典的なエフェクトを利用することもできます。旧式のエフェクトペダルを使って作り出されるこれらのエフェクトは、Vintage Clavに最適化されて採用されています。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?