MainStage: Analog Swirl

Analog Swirl

Analog SwirlはES2ベースの音源で、コーラスのかかった渦巻くようなアナログ・シンセサイザー・パッドのサウンドを生成できます。

  • 音量スライダ: 音源の全体的な音量レベルを設定します。

  • 「Modulation」スライダ: パッドのスイープの動きの速さを指定します。

  • 「Cutoff」スライダ: 低く設定すると狭い範囲の音のみがフィルタを通過するためサウンドが減衰し、高く設定すると広い範囲の音がフィルタを通過するため明るいサウンドになります。

  • 「Resonance」スライダ: 「Cutoff」パラメータで指定される位置付近の周波数範囲を強調します。

  • 「Attack」スライダ: 音の立ち上がりを急激にしたり緩やかにしたりします。「fast」に設定するとピアノのキーを強く叩いたような音になり、「slow」に設定するとバイオリンの弦を弓で弾いたような音になります。

  • 「Decay」スライダ: 遅い値に設定すると、サウンドの倍音成分(明るさ)の持続時間が長くなります。速い値に設定すると、サスティンレベルへの変化が速くなります。

  • 「Sustain」スライダ: アタックフェーズまたはディケイフェーズが完了した後のサウンドレベルを指定します。

  • 「Release」スライダ: キーボードのキーを離してからノートがフェードアウトするまでの時間を指定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?