MainStage: Alchemyのソース・サブページ・コントロール

Alchemyのソース・サブページ・コントロール

ソースセクションは詳細表示でのみ表示されます。詳細表示に切り替えるには、「Advanced」ボタンをクリックします。その後、「A」、「B」、「C」、または「D」ボタンをクリックして、編集するソースを選択します。

4つのソースで利用できる詳細編集コントロールはすべて同じです。ソース・サブページ・コントロールのいくつかは、ソース・マスター・コントロールと同じものです。Alchemyのソース・マスター・コントロールを参照してください。

ソース・フィルタ・コントロールについては、Alchemyのソースフィルタを参照してください。

図。すべてのパラメータが表示されたソースサブページ。

波形ディスプレイに表示されるデータとエレメント・コントロール・セクションに表示されるパラメータは、アクティブな合成エンジンによって変わります。図ではソースAの加算エレメントがアクティブになっています。

ソース・サブページ・コントロール

  • オン/オフボタン: ソースのオン/オフを切り替えます。

  • ソース選択フィールド: 現在のソース・オーディオ・データの名前が表示されます。クリックするとポップアップメニューが開き、ソースコンテンツの処理コマンドを選択できます。Alchemyのソース・マスター・コントロールを参照してください。

  • 「S」(Solo)ボタン: ほかのすべてのソースをオフにして、このソースのみをオンにします。もう一度クリックすると、ほかのソースのオン/オフ状態が元に戻ります。

    注記:1つのソースをソロモードにしたままプリセットを保存した場合、そのソースはオンのままになりますが、ソロモードは解除されます。ほかのソースはすべてオフになります。

  • ステレオボタン: ステレオモードのオン/オフを切り替えます。ステレオファイルが読み込まれている場合、ステレオモードをオフにすると、左チャンネルのみが再生されます。ステレオモードをオンにすると、ステレオで再生されます。この機能を使って、加算エレメントで個々のオシレータのパンを調整したり、グラニュラエレメントで個々のグレインのパンを調整したりできます。

  • 「Edit」ボタン: ソース編集ウインドウを開きます。Alchemyのソース編集ウインドウの概要を参照してください。

  • 「Volume」ノブ: ソースの出力レベルを設定します(-inf dB-0 dB)。

  • 「Wait」ノブ: キーが押されてからソースをトリガするまでの時間を設定します。

  • 「Coarse Tune」ノブ: ソースのピッチを半音単位でチューニングします。

  • 「Fine Tune」ノブ: ソースのピッチをセント(半音の1/100)単位でチューニングします。

  • 「Position」ノブ: オーディオデータ内での再生開始位置を設定します。0%はオーディオデータの絶対開始位置を示します。100%は絶対終了位置を示します。Alchemyのソースモジュレーションを参照してください。

    「Loop Mode」ポップアップメニュー/フィールド(下記参照)が「Start/End」または「Start/Length」に設定されているときは、「Position」(および「Speed」)ノブが以下の2つのコントロールに置き換わります:

    • 「Loop Start」ノブ: オーディオデータ内での再生開始位置を設定します。0%はオーディオデータの絶対開始位置を示します。100%は絶対終了位置を示します。

    • 「Loop End」/「Loop Length」ノブ: 「Loop End」では再生の終了点を設定します。「Loop Length」では、再生時間をサンプル全体の長さに対するパーセンテージで指定します。

  • 「Speed」ノブ: 加算、スペクトル、またはグラニュラモードでのオーディオデータの再生速度を設定します。エレメントがサンプラーモードに設定されているときは、「Speed」の設定は影響しません。100%はオリジナルの再生速度を示します。設定を高くすると(最大500%まで)再生速度が上がり、低くすると(最小0%まで)再生速度が下がります。

    再生は、「Position」ノブで設定した位置から始まり、「Loop mode」で設定したパスに沿って行われます。「Speed」で設定するのは、このパスでの速度です。パスでの速度を変更しても、再生のピッチは変わりません。「Speed」を0%に設定すると、「Position」ノブで設定した位置で再生が停止します。

  • 「Keyscale」ポップアップメニュー/フィールド: 3つのキー・スケール・オプションから選択します。これは受信したMIDIデータに対するソースのピッチの反応に影響します。

    • Key+PB(Pitch Bend): ソースのピッチがMIDIノートデータおよびピッチベンドデータに従います。

    • Key: ソースのピッチがMIDIノートデータのみに従い、ピッチベンドデータには従いません。

    • Off: ソースのピッチがMIDIノートデータとピッチベンドデータのいずれにも従いません。

      注記:ピッチベンドのグローバルな動作は、マスター・ボイス・セクションの「Bend Up」/「Bend Down」コントロールで設定します。Alchemyのマスター・ボイス・セクションを参照してください。

  • 「Loop Mode」ポップアップメニュー/フィールド: 5つのループ・モード・オプションから選択します。これはソースのオーディオデータの再生方法に影響します。

    • None: ループの開始点と終了点を無視して、サウンド全体をループせずに1回再生します。

    • Continuous: 先頭から再生を開始し、ループ領域に入って、ノートが押されている間とエンベロープのリリースフェーズの間ループを順方向に続けます。

    • Sustain: 先頭から再生を開始し、ループ領域に入って、ノートが押されている間ループを続けた後、ループ領域を抜けて通常のリリースフェーズを再生します。

    • Forward/Back: 「Continuous」とほぼ同じですが、ループ領域を順方向と逆方向の交互に再生します。

    • Start/End: このモードでは、指定した開始点から再生を開始し、指定したループの終了点まで100%の速度で再生してから、開始点までスキップして繰り返します。これらの位置は、「Loop Start」ノブと「Loop End」ノブ(上記参照)で設定します。

      ノート・オフ・メッセージはループの繰り返しに影響しません。ループの終了点がループの開始点より前に配置されている場合は、ループの開始点に到達すると逆再生に変わります(ループの終了点まで逆方向に再生されます)。

    • Start/Length: このモードでは、指定した開始点から再生を開始し、指定したループの終了点まで100%の速度で再生してから、開始点までスキップして繰り返します。「Loop Length」ノブで制御されるループの長さがサウンド全体の長さに対するパーセンテージとして設定され、ループの終了点はループの開始点にループの長さを加えた位置になります。

      「Loop Start」/「Loop Length」コントロール(上記参照)の設定により元のサンプルの終了点より先まで再生される場合は、サウンドの最後に無音が自動的に挿入されます。

    • All: ループの開始点と終了点を無視して、サウンド全体をループ再生します。

      注記:ループおよびサンプルの開始点と終了点は、メイン編集ウインドウで設定できます。Alchemyのソース編集ウインドウの概要およびAlchemyのゾーン波形エディタを参照してください。VAのノイズ成分は「Loop mode」設定の影響を受けません。

  • 波形オーバービューディスプレイ: グラニュラエレメントまたはサンプラーエレメントがアクティブなときは、ソースの波形が表示されます。加算エレメントまたはスペクトルエレメントがアクティブなときは、通常はリアルタイムデータが表示されます。「Position」コントロールまたは「Speed」コントロールの選択中は波形が表示されます。「Position」を調整した場合は位置インジケータが表示されるので、それを見ながら開始位置を微調整できます。

  • 合成エレメントのボタン: 合成タイプを選択します。選択すると、ボタンの下の領域に関連パラメータが表示され、これらを変更できます。ソース選択フィールドで指定したオーディオデータと読み込み方式に応じて、「Additive」、「Spectral」、「Pitch」、「Formant」、「Granular」、「Sampler」、「VA」のどれを選択できるかが変わります。Alchemyのソースエレメントの概要およびAlchemyの読み込みブラウザを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?