MainStage: Ultrabeatのリングモジュレータ

Ultrabeatのリングモジュレータ

リングモジュレーションは、ベルのような不協和成分の多い金属音を生成することのできる強力なツールです。Ultrabeatのリングモジュレータは独立した音源として動作します。オシレータ1やオシレータ2の信号とは無関係に、リングモジュレータの信号はフィルタをバイパスさせたり、フィルタに送ったりできます。音量の調節も可能です。

重要:リングモジュレータの信号はオシレータ1およびオシレータ2で生成される信号とは無関係ですが、リングモジュレータの信号を使用する場合は両方のオシレータを有効にする必要があります。リングモジュレータは出力信号の生成に2つのオシレータの信号を必要とするため、一方のオシレータがオフになると、リングモジュレータは自動的にミュート状態になります。

リングモジュレータによって生成される実際のサウンドは2つのオシレータのパラメータ設定に大きく依存しています。特に、各オシレータの関係を調節すると、リングモジュレータ信号のサウンドは直接影響を受けます。ただし、オシレータの個々のレベルがリングモジュレータの処理(または出力)に影響することはありません。

図。リングモジュレータ。

リングモジュレータのパラメータ

  • 「Ring Modulator」オン/オフボタン: リングモジュレータのオン/オフを切り替えます。

    注記:(設定が適切かどうかを判断するために)リングモジュレータの信号だけを聴きたい場合は、両方のオシレータの音量を一時的に値0に設定します。

  • レベルスライダ: リングモジュレータの出力音量を調節します。

  • 「Mod and via」ポップアップメニュー: レベルパラメータのモジュレーションソース(およびオプションで「via」ソース)を選択します。それぞれのソースが有効になると、小さいスライダ(ハンドル)がレベルスライダの対応する側に表示されます。Ultrabeatのモジュレーションの概要を参照してください。

  • 信号経路ボタン: リングモジュレータの信号のルーティングを指定します。フィルタへ送信(赤)またはEQセクションへ送信(グレイ)します。信号経路ボタンの矢印は、ルーティングの方向を示しています。

    注記:信号経路ボタンは、リングモジュレータの出力信号のルーティング方法を指定するものです。このボタンを押しても、リングモジュレータがオンまたはオフになるわけではありません。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?