MainStage: Vintage Electric PianoのEQ

Vintage Electric PianoのEQ

「EQ」を使うと、Vintage Electric Pianoサウンドの高周波数帯域および低周波数帯域をブーストしたりカットしたりできます。「EQ」は、Vintage Electric Pianoのエフェクトチェーン内で「Drive」回路の次に配置されています。

図。Vintage Electric Pianoの「EQ」パラメータ。

「EQ」パラメータ

  • オン/オフボタン: イコライザのオン/オフを切り替えます。

  • 「Bass」ノブ/フィールド: 低周波数帯域を制御します。選択したピアノモデルに応じて、シェルビング・タイプ・フィルタかピーク・タイプ・フィルタが使われます。 周波数帯はあらかじめ選択の各モデルタイプに最適化されています。

  • 「Treble」ノブ/フィールド: 高周波数帯域を制御します。選択したピアノモデルに応じて、シェルビング・タイプ・フィルタかピーク・タイプ・フィルタが使われます。周波数帯はあらかじめ選択の各モデルタイプに最適化されています。

    ヒント:高音部および低音部の周波数帯を抑えるとミッドレンジが強調されたサウンドを作り出すことができます。より正確なイコライゼーションが必要であれば、任意のイコライザプラグインを音源チャンネルストリップに挿入できます。「Drive」エフェクトの「Tone」コントロールは、サウンドを丸くする場合にも使うことができます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?