MainStage: Ultrabeatの「parameter offset」行を使う

Ultrabeatの「parameter offset」行を使う

「parameter offset」行では、シンセサイザーセクションの自動化可能なすべてのパラメータのオフセット値をステップごとに表示したり入力したりできます。「parameter offset」行での調整は、現在のパラメータ値に影響があります。シンセサイザーセクションで設定されたパラメータ値に対して、「parameter offset」行に表示される値が増減されます。つまり、「parameter offset」の値は、パラメータの絶対値を増減するのであって指定するのではありません。

パラメータを編集する方法は3つあります:

  • 「parameter offset」行でオフセット値を編集する。

  • ショートカットメニューを使用する。

  • シンセサイザーセクションでコントロールを直接調節する。自動化する(オフセットを作成する)すべてのパラメータが、「parameter offset」ポップアップメニューに表示されます。

    図。「parameter offset」ポップアップメニュー。

    重要:シンセサイザーセクションでコントロールを動かすと、「parameter offset」ポップアップメニューにパラメータが追加され、オフセットが作成されるため、注意してください。

パラメータオフセットを作成する

  1. オフセットしたいドラムサウンドを選択します。

  2. 編集するステップに対応する「parameter offset」行内の位置をクリックします。

  3. シンセサイザーセクションでパラメータを変更します。変更内容は、このステップのオフセット値として記録されます。

  4. このステップで編集したいパラメータごとに手順3を繰り返します。

    ステップのパラメータに対してパラメータオフセットが指定されると、その状態が2通りの方法で示されます。

    図。オシレータ2セクションおよび「parameter offset」行。
    • パラメータ上に、元のパラメータ値と新規のパラメータ値の間の逸脱(オフセット)を示す黄色いバーが表示されます。

    • 「parameter offset」行では、元のパラメータからのオフセットが、ゼロポイント(水平方向の中心線)を起点とするバーとして表されます。

      • 正のオフセットは中心線よりも上のバーで示されます。

      • 負のオフセットは中心線よりも下のバーで示されます。

Ultrabeatの「parameter offset」ショートカットメニューを使う

  • 「parameter offset」行でControlキーを押したままステップをクリック(または右クリック)してショートカットメニューを開き、次のいずれかのコマンドを選択します。

    • Alter: すべてのステップに対して、(選択した)パラメータ値をランダムに変更します。

    • Randomize: 選択したパラメータに対して、新しいランダムな値を生成します。

      注記:上記のどちらのコマンドも、使用する前にはシーケンスやパターンを保存するようにしてください。

    • Delete: 現在選択されているパラメータのすべてのステップを削除します。

Ultrabeatのパラメータオフセットをミュートする/ソロにする/リセットする

  • 「parameter offset」行の「M」(Mute)、「S」(Solo)および「reset」ボタンをクリックします。

    図。パラメータ・オフセット・セクション。
    • M(ute): 選択したパラメータのオフセットをミュートします。既存のオフセットが削除されたりリセットされたりすることはありません。

    • S(olo): 選択したパラメータのオフセットの効果のみを聴くことができます。

    • reset: 選択したパラメータのすべてのオフセット値を0(オフセットなし)に設定します。「reset」ボタンをもう一度クリックすると、「parameter offset」メニューからパラメータが削除されます。

      注記:「velocity/gate」行の左側にある「reset」ボタンを1回クリックした場合は「Delete」に変わります。この「Delete」ボタンは、「Delete」コマンドの動作と同一です。  現在選択されているパラメータのすべてのステップを削除します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?