MainStage: Alchemyのエフェクトの概要

Alchemyのエフェクトの概要

エフェクトモジュールはブラウズ表示または詳細表示でのみ表示されます。「Browse」または「Advanced」ボタンをクリックしてどちらかの表示に切り替えてから、「Perform/Arp/Effects」セクションの「Effects」ボタンをクリックします。

Alchemyのエフェクトセクションにはパワフルなマルチエフェクトプロセッサが備わっており、「Main」、「A」、「B」、「C」、「D」の5つの独立したエフェクトラックがあります。各ラックにはエフェクトのチェーンを挿入できます。信号は各ラックの一番上から一番下へ、挿入されたエフェクトを通っていきます。各ラック内のエフェクトの順序を変えると、得られるサウンドが変わります。

エフェクトセクションからの出力はメインまたはソース・フィルタ・モジュールからのドライの出力信号とミックスされてからAlchemyのメイン出力に送られます。

図。エフェクトラックとエフェクト・コントロール・パネルが表示されたエフェクトセクション。

各エフェクトラックに読み込まれたエフェクトごとに、対応するコントロールパネルが右側の領域に表示されます。選択したラックの上から下への順序は、コントロールパネル領域では左から右へと表示されます。グレイのスクロールバーをドラッグして、コントロールパネル領域に表示されていないエフェクトユニットまたはパラメータを表示します。

エフェクト・コントロール・パネルには、そのエフェクトに固有のボタン、ノブ、ディスプレイ、メニュー、フィールドがさまざまな組み合わせで表示されます。また、多くのエフェクト・コントロール・パネルには「File」ボタンがあり、このボタンをクリックすると、「Load」、「Save」、「Copy」、「Paste」、および「Clear」コマンドを備えたポップアップメニューが開きます。これらのメニューコマンドは、個々のエフェクトの設定に適用されます。

注記:プラグイン・コントロール・パネルのメニューで使用できる「Clear」コマンドはエフェクトのデフォルト設定を回復します。これはエフェクトをバイパスしたり、エフェクトラックから削除したりするものではありません。

個々のエフェクトパラメータについては、関連するセクションを参照してください。

Alchemyのエフェクトラックのパラメータ

  • 「Main/A/B/C/D」ラックボタン: 「Main」を使用して、弦楽器サウンド全体のグローバルなエフェクト設定を表示および設定します。「A」、「B」、「C」、「D」のいずれかを使用して、個々のソースまたはメインフィルタから送られる独立したエフェクトチェーンを設定します。メインフィルタの出力と個々のソースの出力の両方を同じエフェクトラックに送ることもできます。

  • エフェクトのオン/オフボタン: 選択したエフェクトラックの中で各エフェクトスロットをバイパスするか有効にするかを切り替えます。

  • エフェクトスロット: ポップアップメニューからエフェクトタイプを読み込みます。「None」を選択すると、エフェクトが削除されます。エフェクト名をドラッグして別のスロットに移動します。

    • エフェクトを挿入すると、新しいエフェクトスロットが自動的に作成されます。

    • すでにエフェクトが入っているスロットに新たにエフェクトを挿入すると、既存のエフェクトが置き換えられます。

    • ポップアップメニューから「None」を選択すると、エフェクトが削除されます。スロットはバイパスされるだけで、削除されるわけではありません。

    • 挿入したエフェクトの名前を別のスロットにドラッグするとスロットが移動します。目的のスロットにエフェクトを挿入すると、先行するエフェクトまたは後続のエフェクトがリストの上下に移動し、エフェクトチェーンの順序が保たれます。

  • 「File」ポップアップメニュー: 選択したエフェクトラック(Main/A/B/C/D)に使用できるいくつかのコマンドを備えたポップアップメニューが開きます。コマンドはすべてのラックに同時には適用されません。

    • 「Load」、「Save」、「Copy」、「Paste」コマンドは選択したエフェクトラックのコンテンツ全体と、読み込んだ各エフェクトの設定に適用されます。

    • 「Clear」コマンドは、選択したエフェクトラックに読み込まれたすべてのエフェクトを削除します。

    • 「Randomize」コマンドは、選択したエフェクトラックに現在読み込まれているすべてのエフェクトの設定をランダマイズします。

  • スクロールバー: 上下にドラッグすると、現在は表示されていないエフェクトラックのスロットが表示されます。スクロールバーは、割り当てられたスロットの数がエフェクトラックの表示領域を超過した場合にのみ表示されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?