MainStage: Delay Designerのタップ・パラメータ・バー

Delay Designerのタップ・パラメータ・バー

タップ・パラメータ・バーからは、選択したタップのすべてのパラメータにアクセスできます。タップ・パラメータ・バーには、「Transpose」や「Flip」など、タップディスプレイでは使用できないパラメータも表示されます。

選択した1つのタップのパラメータはすばやく正確に編集できます。全パラメータを表示できるため、ディスプレイ表示を切り替えたり縦線で値を計算したりする必要がないからです。タップディスプレイで複数のタップを選択している場合、選択したすべてのタップの値は互いを基準にして変更されます。

Optionキーを押しながらパラメータの値をクリックすると、デフォルトの設定値にリセットされます。複数のタップを選択している場合は、いずれかのタップのパラメータをOptionキーを押しながらクリックすると、選択しているすべてのタップのパラメータがデフォルト値にリセットされます。

図。タップ・パラメータ・バー。

タップ・パラメータ・バーのコントロール

  • フィルタ・オン/オフ・ボタン: 選択したタップのハイパスフィルタおよびローパスフィルタのオンとオフを切り替えます。

  • 「Cutoff HP/LP」フィールド: ハイパスフィルタおよびローパスフィルタのカットオフ周波数(Hz)を設定します。

  • スロープ選択ボタン: ハイパスフィルタおよびローパスフィルタのスロープの傾斜を指定します。「6」dBボタンをクリックするとフィルタの傾斜が穏やかになり、「12」dBボタンをクリックすると傾斜が急になってより際立ったフィルタリング効果が得られます。

    注記:ハイパスフィルタおよびローパスフィルタの傾斜は、別々には設定できません。

  • 「reso」(resonance)フィールド: 両方のフィルタのフィルタレゾナンス量を設定します。

  • 「Tap Delay」フィールド: 上段には選択したタップの番号と名前、下段にはディレイタイムが表示されます。

  • 「Pitch」の「On/Off」ボタン: 選択したタップのピッチトランスポーズのオンとオフを切り替えます。

  • 「transp」(transpose)フィールド: 左側のフィールドでは、半音単位でピッチをトランスポーズします。右側のフィールドでは、セント(半音の1/100)単位で各半音を微調整します。

  • 「flip」ボタン: このボタンをクリックするとタップ位置が左から右、または右から左に逆転します。たとえばタップが55 %左に設定されている場合、「flip」ボタンをクリックすることで55 %右になります。

  • 「pan」フィールド: モノラル信号のパン位置またはステレオ信号のステレオバランスを設定します。

    • 「pan」には、パン位置またはタップのバランスが、100 %(すべて左)から-100 %(すべて右)のパーセンテージで表示されます。値が0 %の場合はセンターのパノラマ位置です。

  • 「spread」フィールド: 選択したタップのステレオスプレッドの幅を設定します(ステレオからステレオのインスタンス)。

  • 「M」ボタン: 選択したタップをミュート(無音にする)またはミュート解除します。

  • 「level」フィールド: 選択したタップの出力レベルを設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?