MainStage: AutoFilterのディストーション

AutoFilterのディストーション

ディストーションパラメータを使うと、フィルタの入力または出力をオーバードライブさせることができます。ディストーションのインプットモジュールとアウトプットモジュールは同じですが、信号経路上でそれぞれフィルタの前と後に位置しているため、かなり異なるサウンドが生み出されます。

図。「Distortion」パラメータ。

「Distortion」パラメータ

  • オン/オフスイッチ: ディストーションセクションのオン/オフを切り替えます。

  • 「Pre Filter」ノブ/フィールド: フィルタセクションで信号を処理する前にかけるディストーションの量を設定します。

  • 「Post Filter」ノブ/フィールド: フィルタセクションで信号を処理した後にかけるディストーションの量を設定します。

  • 「Mode」ポップアップメニュー: ディストーションタイプを選択します。オプションは、「Classic」、「Tube」、「Scream」です。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?