MainStage: EXS24 mkIIサンプラー音源を作成する

EXS24 mkIIサンプラー音源を作成する

MainStageのチャンネルストリップにAuto Samplerを追加し、Auto Samplerのコントロールを設定すれば、EXS24 mkIIサンプラー音源の作成を始めることができます。

Auto Samplerを使ってサンプラー音源を作成する

  1. 選択したチャンネルストリップのオーディオFXスロットで、「Utility」>「Auto Sampler」と選択します。

    Auto Samplerプラグインウインドウが開きます。

  2. シンセサイザーなどの外部デバイスをサンプリングする場合は、以下のすべての操作を行います:

    • コンピュータに音源を接続します(オーディオとMIDIの両方)。

    • 外部音源チャンネルストリップを作成します。チャンネルストリップを追加するダイアログで、必ずチャンネルストリップのMIDI入力、MIDI出力、MIDIチャンネル、(オーディオ)入力を設定します。

    • Auto Samplerの画面上のキーボードのキーをクリックし、音源がMIDIノートメッセージを受信できることを確認します。

    • 外部デバイスからのオーディオ入力をMainStageの適切なオーディオ入力で受信できることを確認します。また、「Input Gain」スライダを使って、クリッピングが発生しないフル信号(0dB近く)にレベルを設定します。

  3. Auto Samplerの画面上のキーボードでノートを再生し、音が鳴ることを確認します(特にキー範囲の最初と最後のノートと、青色で表示されているノート)。

  4. 必要に応じて、「Range Start」/「Range End」と「Sample Every」の値(およびAuto Samplerのその他のコントロール)を調整します。

  5. 準備ができたら、「Sample」をクリックします。

  6. 「Save」ダイアログで、EXSインストゥルメントの名前を入力し、「Start」をクリックします。

    サンプリングプロセスが始まります。サンプリング中のノートがキーボード上にオレンジ色で表示されます。また、Auto Samplerウインドウの左下にノートの名前とベロシティが表示されます。サンプリングされた各ノートの波形がグラフィックディスプレイに表示されます。図の下には処理の完了の割合と残り時間が表示されます。

  7. 「Cancel」をクリックすればサンプリングプロセスを停止できます。サンプラー音源は作成されません。

  8. 新しいサンプラー音源が作成されたら、Auto Samplerを閉じ、チャンネルストリップの「EXS24 mkII」を開いて、EXS24 mkII音源のポップアップメニューの「AutoSampled Instruments」サブメニューから新しいサンプラー音源を開くことができます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?