MainStage: Direction Mixerの概要

Direction Mixerの概要

Direction Mixerを使うと、MS録音のデコードをしたり、左/右録音におけるステレオベースを広げてそのパン位置を設定したりできます。

Direction Mixerは、マイキング技術を問わず、あらゆる種類のステレオ録音に使うことができます。一般的なステレオマイキング技術(AB、XY、MS)については、ステレオマイキング技術を参照してください。

図。Direction Mixerウインドウ

Direction Mixerのパラメータ

  • 「Input」ボタン: 入力信号のタイプを設定します。入力信号が標準の左/右信号である場合は、「LR」を使用します。MSエンコード信号である場合は「MS」を使用します。

  • 「Direction」ノブ/フィールド: 録音されたステレオ信号のパン位置の中央(ステレオベースの中央)を設定します。「Direction」を値0に設定すると、ステレオ録音でステレオベースの中央ポイントがミックスのちょうど中央に配置されます。

    LR信号を操作する場合:

    • 90°では、ステレオベースの中央が完全に左にパンされます。

    • - 90°では、ステレオベースの中央が完全に右にパンされます。

    • 値が大きくなると、ステレオベースの中央がステレオミックスの中央に戻りますが、この場合、録音におけるステレオサイドが入れ替わる結果になります。たとえば、値を180°または- 180°にすると、ステレオベースの中央がミックス内でデッドセンターになりますが、録音の左/右サイドは入れ替わります。

    MS信号を操作する場合:

    • 90°では、中央信号が完全に左にパンされます。

    • - 90°では、中央信号が完全に右にパンされます。

    • 値が大きくなると、中央信号がステレオミックスの中央に戻りますが、この場合、録音におけるサイド信号が入れ替わる結果になります。たとえば、値を180°または- 180°にすると、中央信号がミックス内でデッドセンターになりますが、サイド信号の左/右サイドは入れ替わります。

  • 「Spread」スライダ/フィールド: 入力信号がLRの場合はステレオベースの広がりを、MSの場合はサイド信号のレベルを設定します。「Spread」パラメータの動作は、MS信号とLR信号のどちらを受信するかによって変わります。この違いは次の通りです。

    LR信号を操作する場合:

    • ニュートラル値の1にすると、信号の左/右サイドがそれぞれ正確に左右に配置されます。「Spread」値を小さくすると、両サイドがステレオイメージの中央に向かって移動します。

    • 値を0にすると、モノラルに合成した信号が生成され、入力信号の両サイドが2つの出力に同じレベルで振り分けられます。1より大きい値では、ステレオベースがスピーカーの空間的な限界を超えたイメージ上のポイントまで広がります。

    MS信号を操作する場合:

    • 1以上の値ではサイド信号のレベルが上がり、中央信号よりも高くなります。

    • 値を2にすると、サイド信号しか聞こえません。

  • 「 Split」ボタン: 個別に制御される高域と低域に信号を分割します。

  • 「Crossover」フィールド: 信号を高域と低域に分ける周波数を設定します。値を入力するには、縦方向にドラッグするか、ダブルクリックします。

    図。Direction Mixerウインドウ。分割モードのコントロールが表示されている。
  • 「Direction High」/「Direction Low」ノブ/フィールド: 録音されたステレオ信号の中央パン位置を高周波数域と低周波数域で個別に設定します。

  • 「Spread High」/「Spread Low」スライダ/フィールド: LR信号のステレオスプレッドまたはMS信号のサイド信号のレベルを、上/下の周波数域(「Crossover」で設定される)で個別に設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?