MainStage: Tweedコンボ

Tweedコンボ

Tweedモデルは、1950年代から1960年代はじめにかけてのブルース、ロック、カントリーミュージックのサウンドに一役買った、アメリカンコンボをモデリングしています。ゲインを上げるにつれ、穏やかなディストーションから騒々しいオーバードライブまで滑らかに変化する、温かみがあって複雑かつクリーンなサウンドが持ち味です。半世紀が経っても、Tweedは今の時代の音を作り出すことができるでしょう。現代のブティックアンプの多くは、Tweed式の電気回路を基礎としています。

モデル

説明

Small Tweed Combo

クリーンからクランチまで自在に変化する1 × 12インチコンボです。ブルースやロックに最適です。より鮮明な音を得るには、「Treble」および「Presence」コントロールの値を7前後に設定します。

Large Tweed Combo

この4 × 10インチコンボはベーシスト用に設計されていますが、ブルースやロックのギタリストにも使われました。「Small Tweed Combo」よりも開放的で透明感のあるサウンドですが、クランチなサウンドを作り出すこともできます。

Mini Tweed Combo

10インチスピーカーを1個搭載した小型アンプです。数え切れないほどのブルースおよびロックアーティストに使われました。非常に迫力のあるサウンドです。Tweedコンボの持ち味であるクリーントーンとクランチトーンを作り出すことができます。

ヒント:Tweedコンボは、演奏の強弱に反応します。ノブを調整して歪んだ音を作ってから、ギターの音量ノブのレベルを下げてよりクリーンなトーンを作ります。ソロに差し掛かったら、ギターの音量ノブを上げてください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?