MainStage: ES Eの出力パラメータ

ES Eの出力パラメータ

ES Eの出力段階は、「Volume」セクションと「Chorus/Ensemble」ボタンで構成されています。

図。出力パラメータ。

出力パラメータ

  • 「Volume」ノブ: 全体の出力レベルを設定します。

  • 「Velo Volume」ノブ: 受信したMIDIノートイベントに対するベロシティ感度の量(深さ)を設定します。この値を大きくすると、各ノートを叩く強さに応じて音量が大きくなります。値を小さくすると動的応答が低下するため、最弱音のピアニッシモ(ソフト)と最強音のフォルテ(大音量/ハード)の差が小さくなります。

  • 「Chorus I」、「Chorus II」、「Ensemble」ボタン: 各エフェクトのオンとオフと切り替えます。すべてのボタンをオフにすると、エフェクトプロセッサがオフになります。

    • 「Chorus I」は、一般的なコーラスエフェクトです。

    • 「Chorus II」は、「Chorus I」よりも強い変調がかかります。

    • 「Ensemble」は、より複雑なモジュレーション経路を使用するため、より豊かで厚みのある響きを生成します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?