MainStage: Scanner Vibratoエフェクト

Scanner Vibratoエフェクト

Scanner VibratoはHammondオルガンのスキャナビブラートをシミュレートします。スキャナビブラートは、いくつかのローパスフィルタで構成される、アナログ・ディレイ・ラインによる効果です。ディレイラインの信号を、回転スキャナの付いた多極コンデンサスイッチでスキャンします。単純なLFOではシミュレートできない、独特の音響効果が得られます。

ビブラートとコーラスを3種類の中から選べます。エフェクトのステレオバージョンには、「Stereo Phase」、「Rate Right」という2つの追加パラメータがあります。これらのパラメータは、左右のチャンネルのモジュレーション速度を別々に設定します。

図。Scanner Vibratoウインドウ(モノラルバージョン)

Scanner Vibratoのパラメータ

  • 「Type」ノブ: 3種類のビブラート設定(V1、V2、V3)と3種類のコーラス設定(C1、C2、C3)のいずれかを選択します。

    • 各ビブラート設定では、ディレイライン信号のみが聞こえます。ビブラートの種類ごとに強さが異なります。

    • 3種類のコーラス設定(C1、C2、C3)では、ディレイライン信号が原音信号とミックスされます。ビブラート信号と、ピッチが一定の原音とを混ぜ合わせると、コーラス効果が得られるのです。このオルガン式のコーラスサウンドは、Chorusプラグインとは異なります。

    • 「C0」に設定すると、コーラスもビブラートも無効になります。

  • 「Depth」ノブ/フィールド: 選択したコーラスの強さを設定します。ビブラートが選択されている場合、このパラメータによる影響はありません。

  • 「Stereo Phase」ノブ/フィールド: 左右のチャンネルモジュレーション間の位相関係を設定します。ノブを「Free」に選択した場合は、左右のチャンネルのモジュレーション速度を別々に設定できます。

  • 「Rate」の「Left」ノブ/フィールド: 「Stereo Phase」を「Free」に設定したときの左チャンネルのモジュレーション速度を設定します。「Stereo Phase」が0°-360°の間の値に設定されている場合は、左右両方のチャンネルのモジュレーション速度を設定します。このモードでは「Rate」の「Right」ノブは機能しません。

  • 「Rate Right」ノブ/フィールド: 「Stereo Phase」を「Free」に設定したときの右チャンネルのモジュレーション速度を設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?