MainStage: Vintage B3のパーカッションエフェクト

Vintage B3のパーカッションエフェクト

Vintage B3は、実機のB3が備えている(キー)パーカッション機能をエミュレートします。パーカッション機能は、上鍵盤でのみ使用できます。このエフェクトにより、ノートのアタックエンベロープに2番目または3番目のハーモニックが追加されます。これらのハーモニックは、選択したドローバートーンを残してすぐに減衰します。

パーカッションエフェクトはポリフォニックですが、押さえているキーをすべて放してからでないと、別のキーを押してもパーカッションは効きません。次に押すキーやコードにパーカッションを効かせるためには、その前に押していたキーをすべて放す必要があります。レガート奏法や、上段鍵盤の持続音を伴う演奏では、パーカッションを効かせることはできません。

重要:パーカッションのコントロールは2つのウインドウに分散しています。コントロールバーで「Main」をクリックし、右下の「Controls」ボタンをクリックして表示されるウインドウには、「Percussion」、「Harmonic」、「Time」、「Volume」の各スイッチがあります。コントロールバーで「Options」をクリックして表示されるウインドウには、パーカッションの詳細コントロールがあります。

パーカッションエフェクトのパラメータ(「Main」ウインドウ)

  • 「Percussion」スイッチ: 上鍵盤でパーカッションが有効になります。

  • 「Harmonic」スイッチ: エフェクトに使うハーモニックを選択します(第2倍音と第3倍音を切り替えます)。

  • 「Time」スイッチ: 遅いディケイと速いディケイを切り替えます。ディケイ時間は「Options」ウインドウの「Time」ノブで設定します。

  • 「Volume」スイッチ: 低いディケイレベルと高いディケイレベルを切り替えます。ディケイレベルは「Options」ウインドウの「Volume」ノブで設定します。

パーカッションエフェクトのパラメータ(「Options」ウインドウ)

  • 「Mode」スイッチ: 「Mono」では、キーを押すたびにパーカッションエフェクトが効きます。「Poly」では、パーカッションエフェクトがポリフォニックになります。この場合、押さえているキーをすべて放してからでないと、別のキーを押してもパーカッションは効きません。次に押すキーやコードにパーカッションを効かせるためには、その前に押していたキーをすべて放す必要があります。レガート奏法や、上段鍵盤の持続音を伴う演奏では、パーカッションを効かせることはできません。

  • 「Perc on Preset」スイッチ: 「B-Key」に設定すると、Bプリセットキーの制限がシミュレートされます。「All」に設定すると、いつでもパーカッションが鳴ります。

  • 「Time」ノブ/フィールド: 「Time」スイッチの遅いディケイと速いディケイのディケイタイムをそれぞれ設定します。「Slow」が最大値のときは、パーカッションは減衰しません。

  • 「Volume」ノブ/フィールド: 「Volume」スイッチの低いディケイレベルと高いディケイレベルをそれぞれ設定します。B3では「Time」と「Vol」に相当する設定はオン/オフの切り替えしかできませんでしたので、この点ではB3より改良されています。

  • 「Upper Level」ノブ/フィールド: 上(パーカッション)鍵盤と下鍵盤/ペダルとのバランスを設定します。B3では、Bプリセットキーを選択した場合にのみパーカッションが鳴ります。Vintage B3のプリセットキーを使用するを参照してください。

  • 「Velocity」ノブ/フィールド: パーカッションのベロシティ感度を設定します(実機のB3ではベロシティに応じた演奏はできません)。B3のパーカッションをそのまま再現したい場合は、パーカッション以外のレジスタの通常の音量をやや弱めてください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?