MainStage: Sculptureの「Groove」パッド(ステレオ)

Sculptureの「Groove」パッド(ステレオ)

Sculptureのステレオインスタンスで使用した場合には、2次元のグルーブパッドに「Spread」と「Groove」パラメータが表示されます。

値を調整するには、十字の中心にある菱形をドラッグします。菱形で交差する各ラインをドラッグして、「Spread」パラメータと「Groove」パラメータを個別に調整することもできます。

また、Controlキーを押したまま「Groove」パッドをクリックすると、「Copy」、「Paste」、および「Clear」コマンドのあるショートカットメニューが開きます。これらのコマンドを使用すれば、複数のSculptureインスタンスの間や連続して読み込まれた設定の間で、ディレイ設定をコピー&ペーストできます。「Clear」コマンドで、現在のディレイ設定がリセットされます。

図。「Groove」パッド。

「Groove」パッドのパラメータ

  • Spread: ワイドなステレオ・ディレイ・エフェクトを調整します。Y軸の値がデフォルトの中心位置よりも上の場合、右側のディレイラインのディレイ時間が増え、左側のディレイラインのディレイ時間が減ります。これによって、左右のチャンネルのディレイ時間の設定が事実上変更されます。負の値にすると、エフェクトが反転します。

  • Groove: 左側/右側のチャンネルにディレイタップを分散させます。「Spread」パラメータのようにチャンネル間でディレイタップを変更するのではありません。X軸の値により、一方のディレイラインはそのままで、もう一方のディレイラインのディレイ時間だけを所定のパーセンテージだけ減らします。小さなヘルプタグに気を付けながら調整してください。

    たとえば、値が+50%なら、右側のディレイ時間が半分になります。「Delay Time」として値1/4を使用した場合には、右側のディレイは1/8音符となり、左側のディレイは1/4音符のままです。言うまでもなく、このパラメータはステレオで面白いリズミカルなディレイを作成するのに最適です。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?