MainStage: D.I.ボックスを使う

D.I.ボックスを使う

D.I.ボックスは高く評価されているアメリカ製D.I.ユニットをモデルとしています。

図。D.I.ボックスのパラメータ。

D.I.ボックスのパラメータ

  • 「Boost」ノブ: D.I.ボックスの入力ゲインを設定します。

  • 「HF Cut」ボタン: ハイパスフィルタをオンにします。これはノイズの除去に使います。

  • 「Tone」ノブ: D.I.ボックスの音質を設定します。各番号はプリセットEQカーブを表します。

    • 1: 100 Hzから10 kHzにかけて-6 dBスクープされるEQカーブです。800 Hz周辺が最も強調されます。アコースティック楽器や弦楽器、エレクトリックベース、キーボードに適しています。

    • 2: 100 Hzから10 kHzにかけて-24 dB、V字型ノッチ状に大きく変化するEQカーブです。中心は800 Hz周辺です。エレクトリック・ベース・ギターに適しています。

    • 3: 100 Hzから10 kHzにかけて-3 dBスクープされるEQカーブです。800 Hz-1200 Hz周辺が最も強調されます。アコースティック楽器や弦楽器、エレクトリックギター、ベースギター、キーボードに適しています。

    • 4: 1 kHzから10 kHzにかけて-3 dBスクープされるEQカーブです。8 kHz周辺が最も強調されます。60 Hz-1 kHzの周波数が、ユニティゲインよりもわずかに1-2 dB程度ブーストされます。10 kHzを上回る周波数は +3 dBブーストされます。アコースティック楽器や弦楽器、エレクトリックギター、ベースギター、キーボードに適しています。

    • 5: 10 Hzで-24 dB、900 Hz周辺で + 3 dBという割合で上昇する、傾斜のついたEQカーブです。アコースティックギターやエレクトリックギターに適しています。

    • 6: 10 Hzで-24 dB、900 Hz周辺で + 3 dBという割合で上昇する、傾斜のついたEQカーブです。10 kHz-20 kHzの範囲で信号が約6 dBロールオフされます。エレクトリックギターやベースギターに適しています。

  • 「Tone」オン/オフ・ボタン: トーンコントロールをオンにします。

  • 「Amp」ボタン: Ampインターフェイスおよびパラメータを表示します。

  • 「Blend」スライダ: ドラッグすると、Direct Boxを単体で、またはアンプと合わせて聴くことができます。

  • 「Direct Box」ボタン: Direct Boxインターフェイスおよびパラメータを表示します。

D.I.ボックスのみを使う

  • 「Blend」スライダを右端までドラッグします。

D.I.ボックスとアンプを並列で使う

  • 「Blend」スライダを左右の端以外の位置にドラッグします。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?