MainStage: Vintage B3 MIDIモード:  Hammond SK/XK

Vintage B3 MIDIモード:  Hammond SK/XK

MIDIモードを「Hammond SK/XK」に設定したときのMIDIコントローラアサインメントを表に示します。この設定は、Hammond XBシリーズのオルガンを使う場合に当てはまります。

コントローラ番号

MIDIモードHammond SK/XKで割り当てられるパラメータ

80

All upper draw bars(上段のドローバーすべて)

81

All lower draw bars(下段のドローバーすべて)

82

Pedal draw bars、Scanner Vibrato、Bass Filter(ペダル鍵盤のドローバー、スキャナビブラート、ベースフィルタ)

ロータリーキャビネット

Leslie On

Rotor Cabinet on/off(ロータリーキャビネットのオン/オフ)

Leslie Fast

Slow/Brake(遅い/ブレーキ)

Leslie Brake

Controls Brake function of Rotor Cabinet(ロータリーキャビネットのブレーキ機能の制御)

ビブラート

Vibrato On

Upper Vibrato on/off(上鍵盤のビブラートオン/オフ、XK-3のみ)

Vibrato Mode

Vibrato type(ビブラートのタイプ、V1-C3、XK-3のみ)

87

Chorus Vibrato type(コーラスビブラートのタイプ)

Drive

Distortion Drive(オーバードライブディストーションの度合い)

Reverb Level

Reverb Level(リバーブレベル)

Perc 2nd、Perc 3rd

Percussion Harmonic(パーカッションの倍音)。第2倍音よりも第3倍音が優先されます。XKボタンの操作は、Vintage B3では次のように解釈されます:

  • 2nd off、3rd offの場合、Vintage B3:   パーカッションがオフ

  • 2nd on、3rd offの場合、Vintage B3:   第2倍音

  • 2nd off、3rd onの場合、Vintage B3:   第3倍音

  • 2nd on、3rd onの場合、Vintage B3:   第3倍音

Perc Fast

プリセットのディケイ時間(ファーストまたはスロー)を選択する

Perc Soft

プリセットの音量(ソフトまたはノーマル)を選択する

Vibrato Mode

ビブラート(オフ、V1、V2、V3、C1、C2、C3)を選択する(XK-2のみ)

Vibrato VC

ビブラートとコーラスビブラートを切り替える(XK-2のみ)

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?