MainStage: ES2オシレータの開始位置

ES2オシレータの開始位置

オシレータは、それぞれ思うままに発振させることも、ノートを叩くたびに各波形周期の位相位置をそろえて開始させることもできます。この動作は「Osc Start」(オシレータ開始)ポップアップメニューで選択します。

「free」、「soft」、または「hard」を選択することで、波形の位相開始位置を変更します。

図。オシレータ開始パラメータ。
  • free: オシレータの初期位相は、再生されるノートごとにランダムな位置になります。これにより、より生き生きとしたサウンドが得られます。欠点は、ノートを再生するたびに出力レベルが異なるため、MIDIリージョンによりノートがトリガされる場合のように、演奏が毎回同じであっても、アタックフェーズが迫力に欠けるように聞こえる場合があることです。この設定が有用なのは、典型的なハードウェア・アナログ・シンセサイザーのサウンドをエミュレートする場合です。

  • soft: オシレータの初期位相は、再生されるノートごとにゼロクロッシングの位置で開始されます。これは、デジタルシンセサイザーの典型的な音響特性(および精度)を模倣しています。

  • hard:  オシレータの初期位相は、再生されるノートごとに波形周期の最大レベルで開始されます。この設定により得られるパンチ効果は、「ENV3」のアタック時間パラメータを小さい値(非常に速い立ち上がり)に設定した場合にのみ聞くことができます。電子打楽器や荒いベース音を出したい場合に特にお勧めします。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?