MainStage: Alchemyのソース・マスター・コントロール

Alchemyのソース・マスター・コントロール

ソースセクションは詳細表示でのみ表示されます。詳細表示に切り替えるには、「Advanced」ボタンをクリックします。

図。「Global」、「A」、「B」、「C」、「D」、および「Morph」ボタン。

ソースセクションの左側には、「Global」、「A」、「B」、「C」、「D」、「Morph」の6つのボタンがあります。各ボタンの左側にはカラーインジケータがあります。青はソースがアクティブであることを示し、緑はソースでモーフィングが有効であることを示します。

ソース・モード・ボタン: 「Global」をクリックすると、すべてのソースが表示されます。「A」、「B」、「C」、または「D」をクリックすると、1つのソースが表示されます。モーフモードを使用するには「Morph」をクリックします。Optionキーを押したまま「A」、「B」、「C」、または「D」をクリックすると、そのソースが表示されてソロになります。

「Global」ボタンをオンにすると、ソース・マスター・コントロールが表示されます。このほか、メイン・フィルタ・コントロールとマスター・ボイス・コントロールも表示されます。Alchemyのメイン・フィルタ・コントロールおよびAlchemyのマスター・ボイス・セクションを参照してください。

「A」、「B」、「C」、または「D」ボタンをオンにすると、選択したソースのサブページコントロールが表示されます。Alchemyのソース・サブページ・コントロールを参照してください。

「Morph」ボタンをオンにすると、ソースのモーフィングパラメータが表示されます。Alchemyのモーフィングコントロールを参照してください。

各ソースのソース選択フィールドは、ソースからメイン・フィルタ・セクションへの現在の出力レベルを示すVUメーターの役割も兼ねています。出力レベルが0 dBを超えると、メイン・フィルタ・セクションの入力がクリップします。その場合はVUメーターが赤く点灯します。この情報を参考にすることで、不必要な歪みが生じるのを防ぐことができます。

注記:メインフィルタをバイパスして、ソースをエフェクトセクションに直接ルーティングすることもできます。VUメーターはソースの出力先に関係なく表示されます。

図。ソース・マスター・コントロール。

ソース・マスター・コントロール

  • 「A/B/C/D」ボタン: ソースのオン/オフを切り替えます。Optionキーを押したままクリックすると、ソースがソロになります。

  • ソース選択ポップアップメニュー/フィールド: 現在のソース・オーディオ・データの名前が表示されます。クリックするとポップアップメニューが開き、ソースコンテンツの処理コマンドを選択できます。左右の矢印ボタンを使って、利用可能な波形データを順に切り替えることもできます。再生中はこのフィールドがVUメーターの役割も果たします。

    • Import Audio: エレメントにオーディオデータを読み込みます。Alchemyの読み込みブラウザを使用したり、Commandキーを押したままFinderからオーディオファイルをドラッグ・アンド・ドロップしたりすることもできます。

    • Load VA: VAエレメントに波形データを読み込みます。波形データを読み込むと、このソースでは自動的にVAエレメントが有効になり、ほかの合成エンジンはすべて無効になります。AlchemyのVAエレメント・コントロールを参照してください。

    • Load Source: ディスクからソースデータを読み込みます。データはSRCファイルフォーマットです。このデータには、すべてのソースコントロール設定と、読み込むオーディオデータへの参照が含まれます。ソースコントロールのモジュレーションはSRCファイルでは読み込まれません。

    • Save Source: ソースデータをSRCファイルフォーマットでディスクに書き込みます。このデータには、すべてのソースコントロール設定と、読み込まれたオーディオデータへの参照が含まれます。ソースコントロールのモジュレーションはSRCファイルには保存されません。

    • Copy Source: ソースデータをクリップボードにコピーします。この機能を使ってソースのコンテンツと設定を別のソースに複製できます。コピーデータには、すべてのソースコントロール設定と、読み込まれたオーディオデータへの参照が含まれます。ソースコントロールのモジュレーションもコピーされます。

    • Paste Source: クリップボード内のソースデータをペーストします。

    • Clear Source: ソースをデフォルトの状態にリセットします。

    • Randomize Source: ソースでアクティブなエレメントに基づいて、ランダムなソースコントロール設定を適用します。

    • Swap With Source: 現在のソースと入れ替えるソースを選択します。2つのソースを入れ替えて、そのパラメータ設定をすばやく試すことができます。

  • 「Vol」ノブ: ソースの出力レベルを設定します(-inf dB-0 dB)。

  • 「Tune」ノブ: ソースを半音単位でチューニングします。各ソースのサブページには「Fine Tune」コントロールがあり、より細かい調整ができます。Alchemyのソース・サブページ・コントロールを参照してください。

  • 「Pan」ノブ: ステレオフィールド内でのソース出力の位置を設定します。このパラメータは、ソースのステレオボタンがオフのときはパンコントロール、オンのときは左右のバランスコントロールとして機能します。

  • 「Send」ノブ: 送信先ポップアップメニューで指定した送信先に送るソース出力(ソースフィルタを使用している場合はその適用後)のバランスを設定します。

  • 送信先ポップアップメニュー/フィールド: ソース出力(ソースフィルタを使用している場合はその適用後)の送信先を設定します。

    • F1/F2: ソース出力をメインフィルタ1と2にルーティングします。これらの出力先間のバランスは「Send」ノブで設定します。

    • F1/FX A/B/C/D: ソース出力をメインフィルタ1とエフェクトラックA、B、C、またはDにルーティングします。これらの出力先間のバランスは「Send」ノブで設定します。

    • F2/FX A/B/C/D: ソース出力をメインフィルタ2とエフェクトラックA、B、C、またはDにルーティングします。これらの出力先間のバランスは「Send」ノブで設定します。

      注記:「Send」ノブを右いっぱいに回すと、エフェクトラックA、B、C、またはDに送られる信号はメインフィルタをバイパスします。Alchemyのエフェクトの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?