MainStage: アーティキュレーションの管理の概要

アーティキュレーションの管理の概要

楽器をエミュレートするサンプリング音源では、多くの場合、実際の楽器でできる独特な奏法を切り替えることができます。たとえば、バイオリンのサンプリング音源では、用意されたアーティキュレーションを使ってトレモロ、ピッツィカート、持続音を切り替えたり、管楽器のサンプリング音源では持続音、スタッカート、トリル、フォールを切り替えたりできることがあります。こうした奏法をアーティキュレーションと呼びます。各アーティキュレーションには一意のアーティキュレーションIDが割り当てられています。使用可能なアーティキュレーションに関する情報はすべて、アーティキュレーションセットに保存されます。アーティキュレーションセットは、保存したパッチ内と保存したプロジェクト内の両方に保存されます。

「MainStage」では、演奏する音に使用するアーティキュレーションをさまざまな方法で選択できます:

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?