MainStage: ES1およびES2のモジュレーション経路

ES1およびES2のモジュレーション経路

ES1およびES2を使用すると、コントロール(モジュレーションソース)からサウンドエンジンの一部(モジュレーションターゲット)へ簡単にルーティングできます。

ES1のモジュレーションルーティング

ES1では、ルーターセクションの左または右の列でモジュレーションターゲットを選択することで、モジュレーション経路を作成できます。

図。ES1のモジュレーションルーター。
  • キーボードのモジュレーションホイールを使って量を調整可能なモジュレーションターゲットを設定するには、左の列を使用します。

  • 右の列で選択するターゲットは、キーボードのベロシティに動的に応答します。

  • このモジュレーションの量(範囲)は、スライダに表示される2つの矢印(「Int via Whl」および「Int via Vel」)で調整します。上の矢印ではモジュレーションの最大量を調整し、下の矢印ではモジュレーションの最小量を調整します。

ES2のモジュレーションルーティング

ES2では、列に10個のモジュレーション経路が表示されます。各経路の列はES1のモジュレーションコントロールとほとんど同じです。

図。ES2のモジュレーションルーティング。

上に表示された経路の最初の列では、

  • モジュレーションターゲットは「Pitch123」です。オシレータ1、2、3のピッチ(周波数パラメータ)が、モジュレーションソースのLFO2の影響を受けます。

  • LFO2がモジュレーションソースです。列の右側にある2つの矢印は、モジュレーション量を示します。モジュレーションをより強くするには、上または下の矢印、あるいはその両方を上下にドラッグして、モジュレーションの範囲を拡大します。上の矢印ではモジュレーションの最大量を調整し、下の矢印ではモジュレーションの最小量を調整します。

  • 「via」コントロールは「ModWhl」です。範囲はチャンネルの右にあるスライダで指定します。モジュレーションの量は、キーボードのモジュレーションホイールで直接制御できます。モジュレーションホイールが最小値(一番下の位置)に設定されている場合は、オシレータのピッチモジュレーションの量は最小またはオフ(モジュレーションなし)になります。モジュレーションホイールを上に動かすと、3つのオシレータすべての周波数は、(スライダで設定した範囲内で)LFOにより直接制御されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?