MainStage: EXS24 mkIIのモジュレーションviaソースのリファレンス情報

EXS24 mkIIのモジュレーションviaソースのリファレンス情報

「via」ポップアップメニューで選択できる、モジュレーションの強さ調整に使用可能なソースを表に示します。

「via」ソース

説明

Side Chain

「Side Chain」モジュレーションは、モジュレーションの強さ(トリガ)信号としてサイドチェーン信号を使用します。サイドチェーンのソースは、プラグインウインドウの右上隅にある「サイドチェーン」ポップアップメニューで選択できます。この信号が、内蔵のエンベロープフォロワーに入力され、現在の信号レベルに応じて値が変わるモジュレーション信号になります。

Maximum

このソースの値を+1に設定します。

Env1

エンベロープジェネレータ1は、モジュレーションの強さを制御します。

Env2 (Amp)

エンベロープジェネレータ2は、モジュレーションの強さを制御します。

LFO 1

LFO 1の速度と波形を使ってモジュレーションの強さを制御します。

LFO 2

LFO 2の速度と波形を使ってモジュレーションの強さを制御します。

LFO 3

LFO 3の速度と波形を使ってモジュレーションの強さを制御します。

Release Velocity

キーを放す速度に応じてモジュレーションが強まったり弱まったりします。

注記:使用するには、リリースベロシティ情報を送信するキーボードが必要です。

Pressure

「via」ポップアップメニューで「Pressure」(アフタータッチとも呼ばれます)を選択すると、モジュレーションの強さはキータッチに反応します。つまり、タッチセンシティブMIDIキーボードであるキーを押した後に次のキーをどの位の強さで押すかによって、強さが強まったり弱まったりします。

Pitch Bend

ピッチ・ベンド・ホイールでモジュレーションの強さを制御します。

Key

「Key」(Keyboard)はキーボード上のキーの位置(MIDIノート番号)を出力します。中央位置はC3で、出力値は0です。ここから5オクターブ上または下のキーを押すと、値はそれぞれ- 1または+1になります。「Pitch」をモジュレーションデスティネーションに、「LFO1」をモジュレーションソースに指定し、「Key」をvia値に設定すると、ビブラートの深さがキーの位置(高さ)に応じて変化するようになります。つまり、定義されている「Key」(キーボード)の位置を基準に、それより高いキーを押しているか低いキーを押しているかによってビブラートの深さが変わります。

Velocity

モジュレーションの強さがベロシティに反応します。つまり、キーを押す速度(強さ)に応じてモジュレーションが強まったり弱まったりします。

---

「via」のソースを無効にします。

MIDIコントローラ1-120

選択したMIDIコントローラ値によってモジュレーションの強さが決まります。

コントローラ7と10は「Not available(使用不可)」と表示されています。 Mainstage 3 では、これらのコントローラをチャンネルストリップの音量およびパンの自動化に使用しています。コントローラ11は「Expression」と表示されています。このコントローラはExpression機能に接続が固定されていますが、ほかのモジュレーションソースの制御にも使用できます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?