MainStage: I/Oユーティリティ

I/Oユーティリティ

I/Oユーティリティでは、外部のオーディオ・エフェクト・ユニットを内蔵エフェクトと同じように使用できます。

注記:I/Oユーティリティを実用的に使用するには、外部オーディオ・エフェクト・ユニットとの間で信号をやりとりするための別個の入出力(アナログまたはデジタル)を備えたオーディオインターフェイスが必要です。

図。I/Oウインドウ

I/Oユーティリティのパラメータ

  • 「Output Volume」スライダ/フィールド: 出力信号のレベルを調整します。

  • 「Output」ポップアップメニュー: 使用するオーディオハードウェアの出力または出力ペアを選択します。

  • 「Input」ポップアップメニュー: 使用するオーディオハードウェアの入力または入力ペアを選択します。

    注記:「Input」ポップアップメニューは、複数の入力があるオーディオインターフェイスが有効な場合にのみ表示されます。

  • 「Input Volume」スライダ/フィールド: 入力信号のレベルを調整します。

  • 「Latency Detection」の「Ping」ボタン: 選択した出力と入力の間のレイテンシを検出します。検出された遅延は自動的に補正されます。

    注記:トラックでレイテンシを伴うプラグインをバイパスすると検出精度が増します。

  • 「Latency Offset」スライダ/フィールド: 選択した出力と入力の間に検出されたレイテンシの値がサンプル単位で表示されます。このスライダを使ってレイテンシを手動でオフセットすることもできます。

  • 「Dry」/「Wet」スライダ/フィールド: エフェクトが使われている場合に、直接信号とエフェクト信号のバランスを設定します。

I/Oユーティリティで外部エフェクトユニットを使う

  1. オーディオインターフェイスの出力をエフェクトユニットの入力に接続し、エフェクトユニットの出力をオーディオインターフェイスの入力に接続します。

    注記:これらの接続は、オーディオインターフェイスとエフェクトユニットが備える入出力に合わせて、アナログ接続とデジタル接続、単独とペアのどちらでもかまいません。

  2. バスセンド/リターンとして使用するAuxチャンネルストリップのインサートスロットをクリックして、「Utility」>「I/O」と選択します。

  3. I/Oユーティリティのウインドウで、エフェクトユニットを接続したオーディオハードウェアの出力と入力を選択します。

  4. 処理するチャンネルストリップの信号を手順3で選択したバス(Auxチャンネルストリップ)に送り、適切なセンドレベルを設定します。

  5. I/Oユーティリティのウインドウで、「Input Volume」スライダと「Output Volume」スライダを必要に応じて調節します。

  6. 選択した出力と入力の間にディレイがあるかどうかを確認して補正したい場合は、「Latency Detection」の「Ping」ボタンをクリックします。

再生を始めると、手順3で選択したAuxチャンネルに送られるチャンネルストリップの信号が、外部エフェクトユニットによって処理されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?