MacのためのGarageBand: ピアノ・ロール・エディタでオートメーションを使う

ピアノ・ロール・エディタでオートメーションを使う

ピアノ・ロール・エディタでリージョンのオートメーションデータを直接見ることができます。影響を受けるノートを確認できるので、特にリージョンベースのオートメーションに便利です。オートメーションの使いかたについては、オートメーションポイントを追加する/調整するを参照してください。

注記: リージョンのオートメーションは以前のバージョンの「GarageBand」での MIDI ドローと同じです。以前のバージョンの「GarageBand」で作成したプロジェクトに MIDI ドローデータがある場合、MIDI ドローデータはリージョンベースのオートメーションデータとして表示されます。

ピアノ・ロール・エディタにオートメーションを表示する

  • 以下のいずれかの操作を行います:

    • ピアノ・ロール・エディタのメニューバーで「表示」>「オートメーションを表示」と選択します(または A キーを押します)。

    • ピアノ・ロール・エディタのメニューバーにある「オートメーションを表示/隠す」ボタン をクリックします。

    ピアノ・ロール・エディタのインスペクタの下部に、「オートメーション」ボタン、「オートメーションパラメータ」ポップアップメニュー、「オートメーションモード」ポップアップメニューが表示されます。メインのエディタウインドウの下にあるオートメーションレーンには、既存のオートメーションが表示されます。「切り替え」ボタンをクリックするとオートメーションデータの複数のレーンが切り替わります。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?