Pages for iPhone: VoiceOverを使って書類を作成する

VoiceOverを使って書類を作成する

VoiceOverを使用してiOSデバイスのPages書類を作成および編集できます。VoiceOverは、画面を見ずにデバイスを使用できるようにする、高度な画面読み上げ機能です。プレースホルダデータ、グラフ、およびイメージが含まれているデザイン済みのテンプレートで作業を始め、このテンプレートに独自の内容を追加していきます。統一感を持たせるため、各テンプレートには、互いに調和するフォント、テキストスタイル、色が使用されています。

テンプレートを選択する

レター、レポート、ブックなどのカテゴリからテンプレートを選択できます。たとえば、特別なイベントを宣伝するちらしを作成するには、「ちらしとポスター」のカテゴリにある「イベントポスター(小)」を選択します。テンプレートセレクタでテンプレートを選択します。

  1. Pagesをはじめて開くと、書類マネージャが開きます。左右にスワイプして(またはキーボードの左右の矢印を使用して)、「追加ボタン」と読み上げられたところで放します。ダブルタップしてテンプレートセレクタを開きます。

  2. VoiceOverローターを開き、「見出し」設定を使用して、「レポート」や「履歴書」などのテンプレートのカテゴリを切り替えます。

  3. 左右にスワイプして、使用するテンプレートの名前が読み上げられたところで放します。ダブルタップしてテンプレートを選択します。

    注記:場合によっては、すべてのカテゴリが読み上げられるまでスクロールする必要があります。

独自のテキストを追加する

書類のテンプレートには、タイトル、見出し、本文テキストなどのテキスト要素のプレースホルダテキストが含まれています。キャンバス内で、プレースホルダテキストを独自の内容に置き換えることができます。

  1. iPhoneのPagesで、VoiceOverローターを開き、「コンテナ」設定を使用してキャンバスに移動します。

  2. キャンバス内の内容を切り替えるには、左右にスワイプして(またはキーボードの左右の矢印を使用して)、編集したいテキスト(「見出し」や「本文」など)が読み上げられたところで放します。ダブルタップしてテキストを選択します。

    1つのテキストグループに複数の行がある場合は、VoiceOverローターの「行」設定を使用して行を切り替えてからテキストを選択します。

  3. 入力して独自のテキストを追加します。

    注記:ヘッダまたはフッタを編集した場合は、ツールバーに移動し、「終了」ボタンをダブルタップしてキャンバスに戻ります。

さらに別のテキストプレースホルダを編集するには、VoiceOverローターの「行」設定を使用してテキストプレースホルダに移動します。

テキストにスタイルを適用する

テンプレートには互いに調和するフォント、テキストスタイル、色が使用されています。ただし、テキストの外観はキャンバスで変更できます。

  1. iPhoneのPagesで、VoiceOverローターを開き、「コンテナ」設定を使用してキャンバスに移動します。

  2. 左右にスワイプして(またはキーボードの左右の矢印を使用して)、編集したいテキストが読み上げられたところで放します。VoiceOverローターの「編集」設定を使用してテキストを選択します。

    ヘッダまたはフッタ内のテキストを編集する場合は、テキストをダブルタップして「書類設定」ウインドウを開いてからテキストを選択します。

  3. VoiceOverローターの「コンテナ」設定を使用してツールバーに移動します。左右にスワイプして、「フォーマットボタン」と読み上げられたところで放します。ダブルタップして「フォーマット」メニューの「テキスト」タブを開きます。

  4. 段落スタイルを変更するには、左右にスワイプして、「タイトル」や「本文」など現在の段落スタイルが読み上げられたところで放します。ダブルタップして「段落スタイル」ポップオーバーを開きます。左右にスワイプして、目的のスタイルが読み上げられたところで放します。ダブルタップしてスタイルを選択します。「テキスト」メニューに戻るには、「テキスト」バックボタンをダブルタップします。

  5. ほかのテキスト設定を変更するには、引き続き「フォーマット」メニューの「テキスト」タブをスワイプします。

    必要に応じて以下を変更します:

    •  フォント: スワイプして、現在のフォントが読み上げられたところで放します。ダブルタップしてフォントのリストを開きます。スワイプして、目的のフォントが読み上げられたところで放します。ダブルタップしてフォントを選択します。「テキスト」メニューに戻るには、「テキスト」バックボタンをダブルタップします。

    • フォントスタイル(ボールド、イタリック、アンダーラインなど): スワイプして、フォントスタイルが読み上げられたところで放します。ダブルタップして目的のフォントスタイルを選択します。

      大文字/小文字やリガチャなどの詳細オプションを選択するには、スワイプして、「その他のテキストオプション」と読み上げられたところで放します。ダブルタップして「テキストオプション」メニューを開きます。

    • フォントサイズ: スワイプして、現在のフォントサイズが読み上げられたところで放します。上下にスワイプして値を調整します。

    •  テキストのカラー: スワイプして、現在のフォントのカラーが読み上げられたところで放します。ダブルタップして「テキストのカラー」メニューを開きます。スワイプして、目的のカラーが読み上げられたところで放します。ダブルタップしてカラーを選択します。「テキスト」メニューに戻るには、「テキスト」バックボタンをダブルタップします。

      詳細なカラーオプションについて詳しくは、図形およびテキストボックスを色またはイメージで塗りつぶすを参照してください。

    • 配置: スワイプして、配置オプションが読み上げられたところで放します。ダブルタップして配置オプションを選択します。

    •  リストのフォーマット: スワイプして、「箇条書きとリスト」と読み上げられたところで放します。ダブルタップして「リストスタイル」メニューを開きます。スワイプして、目的のリストスタイルが読み上げられたところで放します。ダブルタップしてリストスタイルを選択します。「テキスト」メニューに戻るには、「テキスト」バックボタンをダブルタップします。

      リストのフォーマットについて詳しくは、リストをフォーマットするを参照してください。

    •  間隔: スワイプして、「行間隔」と読み上げられたところで放します。ダブルタップして「行間隔」メニューを開きます。スワイプして、現在の行間隔が読み上げられたところで放します。上下にスワイプして値を調整します。「テキスト」メニューに戻るには、「テキスト」バックボタンをダブルタップします。

      間隔について詳しくは、行間隔を設定するを参照してください。

  6. キャンバスに戻るには、「フォーマット」メニューの「終了」ボタンをダブルタップします。

独自のメディアを追加する

独自のイメージやビデオを追加するには、テンプレートのメディアプレースホルダを独自のイメージやビデオで置き換えます。これはキャンバス内で行います。

  1. iPhoneのPagesで、VoiceOverローターを開き、「コンテナ」設定を使用してキャンバスに移動します。

  2. キャンバス内の内容を切り替えるには、左右にスワイプします(またはキーボードの左右の矢印を使用します)。置き換えるイメージの名前が読み上げられたら、ダブルタップしてイメージを選択します。

  3. イメージのハンドルを左右にスワイプして、「イメージを置き換えボタン」と読み上げられたところで放します。ダブルタップして「アルバム」ポップオーバーを開きます。

  4. 使用したいメディアを選択するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「アルバム」ポップオーバーの写真またはビデオを使用するには: アルバムを選択してから、追加するメディアをダブルタップして選択します。

    • iCloudなどのサービスから写真またはビデオを使用するには: アルバムの下にある「挿入」をダブルタップしてから、追加するメディアをダブルタップして選択します。

    • 新しい写真またはビデオを使用するには: 「写真またはビデオを撮る」を選択してから、「写真を使用」または「ビデオを使用」を選択します。

    自動的に書類内のプレースホルダメディアがイメージまたはビデオに置き換わります。

また、ツールバーの「挿入」メニューを選択して、独自の図形などのオブジェクトを挿入することもできます。キャンバスからツールバーに移動するには、VoiceOverローターの「コンテナ」設定を使用します。

公開日: 2019/07/30
役に立ちましたか?