MacのためのKeynote: Keynoteプレゼンテーション内のカスタム図形を保存する

Keynoteプレゼンテーション内のカスタム図形を保存する

パスの閉じている図形を作成またはカスタマイズした場合、図形ライブラリに保存できます。カスタム図形を保存すると、図形のパス、反転、回転プロパティが保存されます。サイズ、色、不透明度などのプロパティは保存されません。

iCloudにサインインしていてiCloud Driveがオンになっている場合、カスタム図形はすべてのデバイスのKeynoteプレゼンテーションで利用できるようになります(ただしKeynote for iCloudを除く)。

  1. カスタム図形をクリックして選択し、画面上部の「フォーマット」メニューで「フォーマット」>「図形と線」>「マイシェイプに保存」と選択します。

    図形が図形ライブラリの「マイシェイプ」カテゴリ(カスタム図形がある場合にのみ表示されます)に保存されます。図形は作成した順でライブラリに表示されます。この順序は変更できません。

  2. 図形の下に表示されるフィールドに図形の名前を入力するか、名前をクリックして変更します。

カスタム図形を削除するには、図形ライブラリで Controlキーを押しながらクリックして、「図形を削除」を選択します。

重要: iCloudにサインインしていてiCloud Driveがオンになっている場合、カスタム図形を削除すると、すべてのデバイスから削除されます。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?