MacのためのKeynote: サイズの大きなプレゼンテーションをパッケージファイルとして保存する

サイズの大きなプレゼンテーションをパッケージファイルとして保存する

デフォルトでは、プレゼンテーションはシングルファイルとして保存されます。プレゼンテーションのサイズが500 MBを超える場合、またはプレゼンテーションに大きいビデオファイルやイメージファイルが含まれる場合は、パフォーマンスを確保するためにプレゼンテーションをパッケージとして保存することをお勧めします。

サイズの大きなプレゼンテーションをパッケージとして保存する

  • パッケージファイルとして保存する: プレゼンテーションウインドウ内をクリックしてウインドウを有効にしてから、画面上部の「ファイル」メニューで「ファイル」>「詳細」>「ファイルタイプを変更」>「パッケージ」と選択します。

  • パッケージファイルを単一ファイルフォーマットに戻す: 「ファイル」>「詳細」>「ファイルタイプを変更」>「シングルファイル」と選択します。ご利用のWebサービスまたはメールサービスでパッケージファイルのアップロードや添付ができない場合は、この方法でフォーマットを戻してください。

詳しくは、Appleサポート記事「Pages、Numbers、またはKeynoteで書類をパッケージまたは単体のファイルとして保存する」を参照してください。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?