MacのためのKeynote: Keynoteでイメージを編集する

Keynoteでイメージを編集する

プレゼンテーションに写真またはグラフィックを追加した後、トリムしたり、不要な部分を削除したり、背景および露出を調整したりできます。

写真をマスク(切り取り)する

イメージ自体を変更せずにイメージの不要な部分を隠すことができます。

  1. イメージをダブルクリックします。

    マスクコントロールが表示されます。デフォルトのマスクはイメージと同じサイズです。

    ヒント:感圧タッチトラックパッド付きのMacでマスクコントロールを表示するには、イメージを強めにクリックします(深いクリックを感じるまでトラックパッドを強く押してください)。

  2. コントロールを使って、イメージの表示したい部分だけを囲みます。

    写真の上のマスクコントロール。
  3. 「完了」をクリックします。

イメージを図形でマスクするには、イメージをクリックして選択し、「フォーマット」>「イメージ」>「図形でマスク」と選択してから、図形を選択します。図形のハンドルをドラッグして、サイズを調整します。

写真から背景やその他の要素を削除する

「インスタントアルファ」ツールを使って、イメージの一部を透明にします。この機能は、イメージから不要な背景や色を削除する場合に便利です。

  1. イメージをクリックして選択してから、「フォーマット」  サイドバーの「イメージ」タブをクリックします。

  2. 「インスタントアルファ」をクリックします。

  3. イメージ上の削除したい色をクリックして、その上をゆっくりとドラッグします。

    ドラッグを続けると、選択部分が、同様の色を使っている領域に広がっていきます。クリックしてドラッグを繰り返すと、複数の色を削除できます。

    • 同じ色のすべての部分を(写真の離れた個所にある部分を含めて)削除する: Optionキーを押したままドラッグします。

    • 削除した色をイメージに追加する: Shiftキーを押したままドラッグします。

  4. 「終了」をクリックします。すべての変更内容を取り消してイメージをオリジナルの状態に戻す場合は、「リセット」をクリックします。

露出、彩度、その他のイメージ設定を調整する

  1. イメージをクリックして選択してから、「フォーマット」  サイドバーの「イメージ」タブをクリックします。

  2. コントロールを使用して調整します。

    • 露出: イメージの明るさまたは暗さを調整します。

    • 彩度: イメージの色の濃さを変更します。右にドラッグすると、色が濃くなり、より鮮やかになります。

    • 調整: ヒストグラム上で赤、緑、青の色調を均一に拡散して、イメージを自動的に調整します。

    調整を元に戻すには、「リセット」をクリックするか、「イメージ調整」ウインドウで「イメージをリセット」をクリックします。

  3. イメージヒストグラムを表示し、コントラスト、ハイライト、シャドウ、シャープネス、ノイズ除去、色温度、色合いなどの高度な機能を調整するには、「詳細調整」ボタン をクリックします。

    「イメージ調整」ウインドウ。露出、コントラスト、彩度、ハイライト、シャドウ、シャープネス、ノイズ除去、色温度、および色合いを設定するためのスライダが表示された状態。

「イメージ調整」コントロールを別のウインドウに開いて、好きな場所に移動できるようにすることができます。画面上部の「表示」メニューで、「表示」>「イメージ調整を表示」と選択します。

イメージの元の設定に戻すには、「リセット」をクリックするか、「イメージ調整」ウインドウで「イメージをリセット」をクリックします。

複数のイメージを同時に操作するには、Shiftキーを押したままイメージをクリックします。

ヒント:「イメージ調整」、「インスタントアルファ」、「マスク」のボタンをツールバーに追加することもできます。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?