Keynote for iPhone: 双方向テキストを使う

双方向テキストを使う

Keynoteでは双方向テキストもサポートされているため、左から右に記述するテキスト(英語や中国語など)および右から左に記述するテキスト(アラビア語やヘブライ語など)を入力および編集できます。段落、図形、および表セルの中でも双方向テキストを使用できます。

注記:任意のKeynoteテーマを使用して双方向のプレゼンテーションを作成できますが、別の言語用に特別にデザインされたテーマを表示するには、コンピュータの主要言語をその言語に設定する必要があります(「設定」で「一般」をタップし、「言語と地域」をタップしてから、言語を設定します)。新しいプレゼンテーションを作成するときには、設定された言語でテーマが表示されます。

段落の方向を変更する

  1. 段落またはリスト内をタップするか、テキストを選択します。

  2. 「フォーマット」ボタン をタップし、「テキスト」(表内のテキストを選択した場合は「セル」)をタップしてから、「右から左」ボタン をタップします。

    挿入ポイントがオブジェクトの反対側に移動し、テキストの方向が変更されます。

    「フォーマット」メニューのテキストコントロール。「右から左」ボタンへのコールアウトが表示された状態。
  3. テキストを入力し、段落の最後で「改行」キーをタップします。

    次の段落も引き続き同じ方向になります。方向を変更するには、「右から左」ボタン をタップします。

テキストの方向が異なる複数の段落を選択して 「右から左」ボタン をタップすると、選択対象の最初の段落に合わせてすべての段落がフォーマットされます。

公開日: 2019/07/05
役に立ちましたか?