Keynote for iPhone: Keynoteプレゼンテーションのスライドでオブジェクトをアニメートする

Keynoteプレゼンテーションのスライドでオブジェクトをアニメートする

アクションビルドを使用して、スライド上でオブジェクトをアニメートできます。たとえば、オブジェクトを端から端に移動させたり、透明にしたり、強調のために点滅またはバウンドさせたりできます。

複数のアクションビルドをオブジェクトに適用し、その順番を指定することで、面白い効果を作り出すことができます。たとえば、スライド間で移動中にオブジェクトを縮小させてから、消失させることができます。

スライド上でオブジェクトをアニメートする

  1. スライド上で、アニメートしたいオブジェクトまたはテキストボックスをタップして選択してから、「アニメーション」をタップします。「アニメーション」が表示されない場合は、「ほかの項目を表示」ボタン をタップして、隠れているオプションを表示します。

  2. 「アクションを追加」をタップしてから、アニメーションを選択します。

    アニメーションのプレビューを表示するには、「プレビュー」をタップします。

  3. 「終了」をタップします。

  4. 継続時間や方向などのアニメーションオプションを設定するには、画面下部にあるアニメーションをタップします。

    ビルドのオプションには、「継続時間」と「開始のタイミング」があります。別のビルドを選択するには「変更」をタップし、ビルドをプレビューするには「プレビュー」をタップします。

    表示されるオプションはアニメーションによって異なります。これらのビルドタイプには特定の手順が必要です:

    • 不透明度: アニメーションの最後でオブジェクトがどのくらい透明になるかを指定するには、「不透明度」スライダをドラッグします。オブジェクトを最後に見えなくしたい場合は、スライダを左端までドラッグします。

    • 回転: 回転の方向を変更するには、「時計回り」または「反時計回り」をタップします。回転の角度を選択するには、「角度」スライダをドラッグします。回転の数を選択するには、「回転」の横の 「調整」ボタン をタップします。

    • サイズ調整: アニメーションの最後でオブジェクトをどのくらいの大きさにしたいかを指定するには、「サイズ調整」スライダをドラッグします。スライド上の透明なゴーストオブジェクトの周りの青いドットをドラッグすることで、オブジェクトの最終サイズを設定することもできます。

    • パスを作成する: 後述の「モーションパスを作成する」を参照してください。

  5. アニメーションのプレビューを表示するには、「プレビュー」をタップします。

  6. オブジェクトに別のアクションビルドを適用するには、「追加」ボタン をタップします。

  7. ビルドの追加が終わったら、画面右上隅の「終了」をタップします。

モーションパスを作成する

スライド上で移動するように、オブジェクトのモーションパスを作成できます。

  1. スライド上で、アニメートしたいオブジェクトまたはテキストボックスをタップして選択してから、「アニメーション」をタップします。「アニメーション」が表示されない場合は、「ほかの項目を表示」ボタン をタップして、隠れているオプションを表示します。

  2. 「アクションを追加」をタップしてから、「パスを作成」をタップします。

  3. モーションパスを描画するには、オブジェクトをドラッグします。

    デフォルトでは、線は曲線を描きます。パスで直線を作成するには、「ラインツール」ボタン をタップします。

  4. パスの描画が終了したら、画面下部の「終了」をタップします。

  5. アニメーションを微調整するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 始点を変更する: スライド上で不透明のオブジェクトをドラッグします。

    • 終点を変更する: スライド上で透明のゴーストオブジェクトをドラッグします。

    •  パスを編集する: パスをタップしてから、赤または白のドットをドラッグします。パスを曲線または直線にするには、赤または白のドットを編集したい線に沿ってタップしてから、「シャープポイントを作成」または「スムーズポイントを作成」をタップします。

    • パスを再描画する: オブジェクトをタップして選択し、そのオブジェクトをもう一度タップしてから、「パスを再描画」をタップします。

    •  モーションパスを個別のビルドに分割する: パスをタップします。パスを分割したいポイントをタップしてから、「パスを分割」をタップします。

    • アニメーションをプレビューする: 画面下部にあるモーションパスビルドをタップしてから、「プレビュー」をタップします。

    カスタムの曲線のモーションパスが設定されているオブジェクト。不透明のオブジェクトは開始位置を示し、ゴーストオブジェクトは終了位置を示しています。ポイントをパスに沿ってドラッグすると、パスの図形を変更できます。
  6. アニメーションのタイミングと速度の変化を変更するには、画面下部にあるモーションパスビルドをタップしてから、コントロールを使用します。

  7. 画面右上隅の「終了」をタップします。

ヒント:モーションパスビルドをほかのアクションビルドと結合すると、複雑なアニメーションを作成できます。たとえば、スライド間で移動中にオブジェクトを拡大/縮小させるには、ゴーストオブジェクトの青い四角形をドラッグします。移動中にオブジェクトを回転させるには、2本の指でゴーストオブジェクトを回転させます。

複数のオブジェクトをスライド上の別の位置に移動させるには、「マジックムーブ」トランジションを使用することもできます。

アクションビルドを結合して単一アニメーションにする

オブジェクトに2つ以上の基本アクションビルドを適用してから、それらを同時に再生されるように設定することで、1つのアニメーションを作成できます。たとえば、スライド間でオブジェクトを回転しながら移動させたり、回転させながら大きくしたりできます。

バウンドや反転のような強調ビルドはほかのビルドと結合できませんが、ほかのビルドの直後に再生することができます。

  1. 画面上部にある 「詳細」ボタン をタップしてから、「トランジションとビルド」をタップします。

  2. 画面上部にある 「ビルドの順番」ボタン をタップしてから、結合したいビルドをリスト内で連続するようにドラッグします。

  3. 上のビルドと結合するビルドをタップして選択してから、「ビルドを開始」の下の「ビルド<番号>と同時」をタップします。

    上のビルドと結合したいビルドごとに、この手順を繰り返します。

  4. アニメーションをプレビューするには、「プレビュー」ボタン をタップします。

  5. 画面右上隅の「終了」をタップします。

アニメーションを削除する

  1. 画面上部にある 「詳細」ボタン をタップしてから、「トランジションとビルド」をタップします。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • オブジェクトからすべてのアニメーションを削除する: 削除したいアニメーションが設定されているオブジェクトをタップして選択し、オブジェクトをもう一度タップしてから、「アニメーションを削除」をタップします。「終了」をタップします。

    • オブジェクトから特定のアニメーションを削除する: 「ビルドの順番」ボタン をタップし、削除したいアニメーションを左にスワイプしてから、「削除」をタップします。「終了」をタップします。

別のオブジェクトに同じアニメーションを適用する

  1. 「詳細」ボタン をタップしてから、「トランジションとビルド」をタップします。

  2. コピーしたいアニメーションが設定されているオブジェクトをタップして選択し、オブジェクトをもう一度タップしてから、「アニメーションをコピー」をタップします。

  3. アニメーションを追加したいオブジェクトをタップして選択し、オブジェクトをもう一度タップしてから、「アニメーションをペースト」をタップします。

スライド上でオブジェクトが出現したり消失したりするようにアニメートする方法については、オブジェクトをアニメートしてスライドに出現させる、またはスライドから消すを参照してください。

公開日: 2019/07/05
役に立ちましたか?