Numbers for iPhone: カテゴリの概要

カテゴリの概要

表をカテゴリで整理して、まったく新しい方法でデータを表示できます。たとえば、スプレッドシートを使用して会社のシャツの売上を追跡する場合は、販売日、販売員、数量、色などでデータを整理できます。カテゴリは特定の行を選択することで作成できます。また、選択した 1 つ以上の列(ソース列といいます)の値を使用して「Numbers」で自動的にデータを整理することもできます。

未分類の表。

カテゴリを作成すると、ソース列内の共通の値を共有するすべての行がグループとして処理されます。たとえば、シャツの売上を追跡する表があり、そのデータを販売日に基づいて分類する場合は、データがカバーする月ごとのグループを設けることができます。グループ内のすべての行は、その月に販売されたシャツを表します。

分類済みの表。ソース列、グループ、概要行、およびラベル行が表示されています。

概要行(各グループの上にある特殊な行で、グループ名が表示されます)を使用して、分類済みの表内の情報を集計できます。概要行のセルを選択すると、小計、カウント、平均など、あらかじめ用意されている関数を追加できます。

表には、1 つのメインカテゴリと 4 つまでのサブカテゴリを含めてデータの階層を作成できます。また、カテゴリを一時的にオフにして、元の表を表示したり、分類を維持したままソース列を非表示にしたりすることもできます。

カテゴリに新しいグループを追加したり、グループを並べ替えたりすることもできます。詳しくは、下のいずれかのリンクをタップしてください。

公開日: 2019/05/03
役に立ちましたか?