Logic Pro X: Smart Controlのミックス/エフェクトパネル

Smart Controlのミックス/エフェクトパネル

Smart Controlパネルには、キットに含まれるサウンドのグループまたは個々のキットピースに影響するパラメータが表示されます。

コントロールバーの右側にある「コントロール」ボタンをクリックすると、Smart Controlのミックス/エフェクトパネルが表示されます。「コントロール」ボタンが表示されていない場合は、キットの名前バーでキット名をクリックします。Smart Controlパネルが表示されていない場合は、ドラムのグリッドの左下にある開閉用三角ボタンをクリックします。

注記:このセクションで説明するパラメータは、すべてのキットに共通のものです。「Effects」のコントロールの中央に表示される2つのノブは、キットによって異なります。

図。Smart Controlに表示されるドラムキットのグループの「Mix」および「Effects」コントロール。

Smart Controlの「Mix」および「Effects」のパラメータ

  • 「Level」ノブ: ドラムサウンドのグループのレベルを設定します。たとえば、すべてのタムサウンドのレベルを設定します。

    注記:グループに含まれる個々のサウンドの相対的なレベル差は保持されます。

  • グループのオン/オフボタン: グループ内のすべてのドラムサウンドを有効/無効にします。たとえば、すべてのタムサウンドのオン/オフを切り替えます。

  • 「High Cut Filter」ノブ: ハイ・カット・フィルタの周波数を設定します。この周波数より上のすべてのキットサウンドが減衰します。

  • 「High Cut Filter」のオン/オフボタン: ハイ・カット・フィルタを有効/または無効にします。

  • 「Low Cut Filter」ノブ: ロー・カット・フィルタの周波数を設定します。この周波数より下のすべてのキットサウンドが減衰します。

  • 「Low Cut Filter」のオン/オフボタン: ロー・カット・フィルタを有効/または無効にします。

  • 「KIt Delay」ノブ: キット全体のディレイエフェクトのレベルを設定します。「センド」のパラメータを調整して、キットに含まれる各グループのディレイの量を制御できます。Smart Controlのセンドパネルを参照してください。

  • 「Kit Delay」のオン/オフボタン: キットのディレイエフェクトを有効/無効にします。

  • 「KIt Reverb」ノブ: キット全体のリバーブエフェクトのレベルを設定します。「センド」のパラメータを調整して、キットに含まれる各グループのリバーブの量を制御できます。

  • 「Kit Reverb」のオン/オフボタン: キットのリバーブエフェクトを有効/無効にします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?