Logic Pro X: AutoFilterのエンベロープ

AutoFilterのエンベロープ

エンベロープを使うと、フィルタのカットオフを時間軸に沿って形成できます。設定したしきい値レベルを入力信号が超えると、エンベロープがトリガされます。

図。「Envelope」パラメータ。

「Envelope」パラメータ

  • オン/オフスイッチ: エンベロープセクションのオン/オフを切り替えます。

  • 「Threshold」ノブ/フィールド: 入力信号レベルを設定します。入力信号レベルがしきい値レベルを超えると、エンベロープまたはLFOがトリガされ、動的にフィルタのカットオフ周波数をモジュレートできます。AutoFilterのLFOおよびAutoFilterのフィルタを参照してください。

    注記:エンベロープまたはLFOの再トリガは「Retrigger」ボタンが有効な場合にのみ実行されます。

  • 「Dynamic」ノブ/フィールド: 入力信号のモジュレーションの量を指定します。このコントロールを動かすと、エンベロープセクションのピーク値を調整できます。

  • 「Attack」ハンドル/フィールド: エンベロープアタック時間を設定するときは、ハンドルを左右に(またはフィールドを上下に)ドラッグします。

  • 「Decay」ハンドル/フィールド: エンベロープディケイ時間を設定するときは、ハンドルを左右に(またはフィールドを上下に)ドラッグします。このハンドルでディケイ時間とサスティンレベルの両方が設定されます。

  • 「Sustain」ハンドル/フィールド: エンベロープ・サスティン・レベルを設定するときは、ハンドル(またはフィールド)を上下にドラッグします。入力信号がエンベロープのサスティンフェーズに達する前にしきい値レベル未満に下がった場合、リリースフェーズがトリガされます。

  • 「Release」ハンドル/フィールド: エンベロープリリース時間を設定するときは、ハンドルを左右に(またはフィールドを上下に)ドラッグします。入力信号がしきい値未満に下がるとすぐにトリガされます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?