Logic Pro X: EXS24 mkIIのフィルタの概要

EXS24 mkIIのフィルタの概要

これらのパラメータでEXS24 mkIIのフィルタを調整します。フィルタのタイプ、レゾナンス、カットオフ周波数、ドライブ、およびキーナンバーによるフィルタ適用量の設定が可能です。フィルタエンベロープの詳細については、EXS24 mkIIのエンベロープの概要を参照してください。

図。フィルタパラメータ。

フィルタパラメータ

  • 「Filter On/Off」ボタン: フィルタセクション全体およびフィルタエンベロープのオン/オフを切り替えます。フィルタを適用すると、最終的に生成される音が大きく変わってしまうので、ほかのパラメータを調整している間は、フィルタセクションを無効にしておくとよいでしょう。

  • フィルタモード/スロープボタン: フィルタセクションの下部にある「HP」、「LP」、「BP」と表示されたボタンで、フィルタのタイプおよびスロープを指定します。EXS24 mkIIのフィルタモードとスロープを設定するを参照してください。

  • 「Cutoff」ノブ: フィルタのカットオフ周波数を設定します。「Cutoff」の値は、フィルタを使用したモジュレーションでまず最初に調整する必要のあるパラメータです。

    • ローパスフィルタでは、カットオフ周波数を高く設定するほど、高い周波数成分が通過するようになります。

    • ハイパスフィルタでは、カットオフ周波数よりも低い周波数成分が遮断され、それよりも高い周波数成分だけが通過するようになります。

    • バンドパスフィルタ/バンド阻止フィルタでは、カットオフ周波数によってそのフィルタの中央周波数が決まります。

  • 「Resonance」ノブ: カットオフ周波数付近の周波数領域をブーストまたはカットします。「Resonance」の値を非常に大きくすると、フィルタが自励発振し、サイン波の音を発するようになります。

    • ローパスフィルタでは、カットオフ周波数より下の信号を強調または遮断します。

    • ハイパスフィルタでは、カットオフ周波数より上の信号を強調または遮断します。

    • バンドパスフィルタでは、「Cutoff」ノブで設定した周波数の近辺の信号(周波数帯)部分を強調または遮断します。EXS24 mkIIでは、「Resonance」で周波数帯域の幅を指定します。

  • 「Drive」ノブ: フィルタ入力にオーバードライブがかかり、高密度の飽和した信号になって倍音成分が増えます。「Drive」は、各ボイスに個別に作用します。各ボイスが個別にオーバードライブされる状態は、音を濁らせるファズボックスを、ギターの6本の各弦に付けるようなものです。したがって、キーボード上のどの音域でどれだけ複雑なコードを演奏しても支障はありません。不必要な相互変調エフェクトのために音質を損なうことがなく、クリーンな響きになります。「Drive」パラメータの設定によっては変わった特徴の音を作り出すことができます。オーバードライブ気味の特徴ある音を、アナログフィルタではどのように合成しているかを思い返してみるとよいでしょう。オーバードライブ状態になったときのフィルタの動作は、シンセサイザーによってさまざまです。この点でEXS24 mkIIは柔軟であり、繊細なファズ音から激しくディストーションをかけた音まで、音色を自由に操ることができます。

  • 「Key」ノブ: ノート番号によるフィルタのカットオフ周波数のモジュレーションの量を指定します。「Key」ノブを最も左の位置に設定すると、カットオフ周波数はノートナンバーの影響を受けず、どのキーを演奏しても同じカットオフ周波数が適用されます。「Key」ノブを最も右の位置に設定すると、カットオフ周波数がノート番号に1:1で追従して移動します。つまり、1オクターブ高いノートを演奏すると、カットオフ周波数も1オクターブ上に移動します。このパラメータは、高いノートが過剰にフィルタリングされるのを防ぐのに役立ちます。

  • 「fat」ボタン: オンにすると、「Resonance」を高く設定した場合でも、低音域の周波数応答が維持されます。

    注記:ファットネスパラメータはローパスフィルタにのみ適用されます。ファットネスは、ハイパスまたはバンドパスタイプのフィルタを使用しているときは機能しません。

2つのフィルタパラメータを同時に制御する

  • 「Cutoff」と「Resonance」のノブの間にある鎖のマークをドラッグすると、両方のパラメータを同時に調整できます。上下に動かすと「Cutoff」の値、左右に動かすと「Resonance」の値が変化します。

    図。「Cutoff」と「Resonance」のリンクボタン。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?