Logic Pro X: Chorusエフェクト

Chorusエフェクト

Chorusエフェクトは元の信号にディレイをかけます。ディレイ時間はLFOでモジュレートされます。最後に、ディレイおよびモジュレートされた信号と元の(ドライ)信号がミックスされます。

Chorusエフェクトを使うと、入力信号の響きを豊かにし、複数の楽器や声がユニゾンで演奏しているような印象を生み出すことができます。LFOによって生成されるディレイ時間のわずかな差によって、複数のミュージシャンやボーカリストで演奏しているときに生じるピッチやタイミングの微妙な「ずれ」がシミュレートされます。またChorusを使用することで信号に豊かさや深みも加わり、低い音や持続音に動きを与えることができます。

図。Chorusエフェクトウインドウ

Chorusのパラメータ

  • 「Rate」ノブ/フィールド: LFOの周波数(速度)を設定します。

  • 「Intensity」ノブ/フィールド: モジュレーションの量を設定します。

  • 「D-Mode」ボタン: オンにすると、よく知られるビンテージプロセッサに似た空間フィルタリングエフェクトが導入されます。

  • 「Mix」ノブ/フィールド: ドライ信号とウェット信号のバランスを設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?