Logic Pro X: EFM1モジュレーションパラメータ

EFM1モジュレーションパラメータ

FM合成は、基本的に、信号経路で発生するモジュレーションの強さと種類で決まります。ここで説明する「変調波」は、アナログシンセサイザーに存在する同等のエンベロープおよびLFOとは、与える影響と果たす役割が異なります。

図。モジュレーションパラメータ。

モジュレーションパラメータ

  • 「Modulation Env」スライダ: 「FM」(強度)および「modulator pitch」パラメータを経時的に制御します。MIDIノートイベントごとにエンベロープのトリガがかかります。

    • 「Attack」スライダ: 最大エンベロープレベルに到達するまでの時間を設定します。

    • 「Decay」スライダ: サスティンレベルに到達するまでの時間を設定します。

    • 「Sustain」スライダ: MIDIノートがリリースされるまで保持するレベルを設定します。

    • 「Release」スライダ: MIDIノートがリリースされてから、レベルが「0」になるまでの時間を設定します。

  • 「modulator pitch」ノブ: 変調波オシレータのピッチに対するモジュレーションエンベロープの影響の度合いを設定します。

    • ノブを時計回り(右)に回していくと、モジュレーションエンベロープのエフェクトが強まります。ノブを反時計回り(左)に回すと、そのエフェクトが反転します。すなわち、アタック段では倍音成分が減り、その後ディケイタイム、リリースタイムにかけて増えていくようになります。

    • 目盛「0」をクリックして「modulator pitch」ノブを中央に合わせると、エンベロープが変調波オシレータのピッチにまったく影響を与えなくなります。

  • 「fm depth」ノブ: FM強度へのモジュレーションエンベロープの影響の度合いを設定します。

    • ノブを時計回り(右)に回していくと、モジュレーションエンベロープのエフェクトが強まります。ノブを反時計回り(左)に回すと、そのエフェクトが反転します。すなわち、アタック段では倍音成分が減り、その後ディケイタイム、リリースタイムにかけて増えていくようになります。

    • 目盛「0」をクリックして「fm depth」ノブを中央に合わせると、エンベロープがFM強度にまったく影響を与えなくなります。

  • 「LFO」ノブ: FM強度またはピッチに適用されるモジュレーションの量を設定します。

    • 「LFO」ノブを時計回り(右)に回していくと、FM強度に対するLFOのエフェクトが強まります。ノブを反時計回り(左)に回していくと、ビブラート効果が現れます。

    • 目盛「0」をクリックして「LFO」ノブを中央に合わせると、LFOのエフェクトはまったくなくなります。

  • 「Rate」ノブ: LFOの速度を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?