Logic Pro X: Pedalboardのモジュレーションペダル

Pedalboardのモジュレーションペダル

モジュレーション・エフェクト・ペダルについて以下の表にまとめます。

ストンプボックス

説明

Flange Factory

サウンドを詳細に制御できる高性能なフランジングエフェクトです。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Rate」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定するか、「Sync」ボタンを有効にしたときにホストのテンポに同期させるかどうかを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ホストのテンポと同期します。

  • 「Depth」ノブ: エフェクトの強さを設定します。

  • 「Reso」ノブ: カットオフ周波数のレゾナンスの量を指定します。

  • 「Mix」ノブ: フランジング信号とソース信号のレベルの比率を設定します。

  • 「Wave」ノブ: モジュレーション波形を切り替えます。

  • 「Symmetry」ノブ: モジュレーション波形の形状を変化させます。

  • 「Curve」ノブ: 波形の形状を滑らかにします。

  • 「Low」ノブ: 低域周波数のカットオフを設定します。

  • 「High」ノブ: 高域周波数のカットオフを設定します。

Heavenly Chorus

サウンドに厚みを加えることができる、豊かで心地よい響きのコーラスエフェクトです。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Rate」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定するか、「Sync」ボタンを有効にしたときにホストのテンポに同期させるかどうかを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ホストのテンポと同期します。

  • 「Depth」ノブ: エフェクトの強さを設定します。

  • 「Feedback」ノブ: エフェクトの入力に戻す出力の量を設定して、サウンドを厚くしたり、混変調を発生させたりします。

  • 「Delay」ノブ: 原音の信号とエフェクト信号の比率を設定します。

  • 「Bright」スイッチ: 一番上の位置に合わせると、周波数が固定された内部EQが適用されます。一番下の位置に合わせると、EQがバイパスされます。

Phase Tripper

シンプルなフェイジングエフェクトです。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Rate」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定するか、「Sync」ボタンを有効にしたときにホストのテンポに同期させるかどうかを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ホストのテンポと同期します。

  • 「Depth」ノブ: エフェクトの強さを設定します。

  • 「Feedback」ノブ: エフェクトの入力に戻す出力の量を設定して、音色を変化させたり、スイープエフェクトを強調したり、両方を同時に行ったりします。

Phaze 2

柔軟性の高いデュアルフェイザーエフェクトです。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • LFO 1/2 Rateノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定するか、「Sync」ボタンを有効にしたときにホストのテンポに同期させるかどうかを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ホストのテンポと同期します。

  • 「Ceiling」/「Floor」ノブ: スイープする低周波数帯を指定します。

  • 「Order」ノブ: アルゴリズムを切り替えます。数(偶数)を大きくするにつれ、フェイジングエフェクトの激しさが増します。奇数にすると、より繊細なコムフィルタリングエフェクトになります。

  • 「Feedback」ノブ: エフェクトの入力に戻す出力の量を設定して、音色を変化させたり、フェイジングエフェクトを強調したり、両方を同時に行ったりします。

  • 「Tone」ノブ: 左に回すとローパスフィルタリングの量が増え、右に回すとハイパスフィルタリングの量が増えます。

  • 「Mix」ノブ: 各フェイザーどうしのレベルの比率を設定します。

Retro Chorus

繊細な、ビンテージのコーラスエフェクトです。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Rate」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定するか、「Sync」ボタンを有効にしたときにホストのテンポに同期させるかどうかを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ホストのテンポと同期します。

  • 「Depth」ノブ: エフェクトの強さを設定します。

Robo Flanger

柔軟なフランジングエフェクトです。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Rate」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定するか、「Sync」ボタンを有効にしたときにホストのテンポに同期させるかどうかを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ホストのテンポと同期します。

  • 「Depth」ノブ: エフェクトの強さを設定します。

  • 「Feedback」ノブ: エフェクトの入力に戻す出力の量を設定して、音色を変化させたり、フランジングエフェクトを強調したり、両方を同時に行ったりします。

  • 「Manual」ノブ: ソース信号とエフェクト信号の間のディレイ時間を設定します。これにより、フランジャーコーラスエフェクトが得られます。また、特に「Feedback」の値を高くして使うと、金属的な響きのモジュレーションになります。

Roswell Ringer

送られてくるオーディオを金属的なサウンドに(または識別不能なほどに)変化させたり、トレモロを生成したり、信号を明るくしたりすることができる、リング・モジュレーション・エフェクトです。リングモジュレーションについて詳しくは、Ringshifterの概要を参照してください。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Freq」ノブ: フィルタカットオフの中心周波数を設定します。

  • 「Fine」ノブ: フィルタのカットオフ周波数を微調整します。

  • 「Lin/Exp」スイッチ: 周波数カーブの勾配をリニア(1オクターブに12ノート)または指数関数状に設定します。

  • 「FB」(Feedback)ノブ: エフェクトの入力に戻す出力の量を設定して、音色を変化させたり、エフェクトを強調したり、両方を同時に行ったりします。

  • 「Balance」ノブ: ソース信号とエフェクト信号のレベルの比率を設定します。

Roto Phase

信号に動きをつけ、信号の位相を変更するフェイザーエフェクトです。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Rate」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定するか、「Sync」ボタンを有効にしたときにホストのテンポに同期させるかどうかを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ホストのテンポと同期します。

  • 「Intensity」ノブ: エフェクトの強さを設定します。

  • 「Vintage/Modern」スイッチ: 「Vintage」にすると周波数が固定された内部EQが有効になり、「Modern」にするとEQが無効になります。

Spin Box

Hammond B3オルガンでおなじみの、レスリー回転式スピーカーキャビネットをエミュレートします。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Cabinet」ノブ: スピーカーボックスの種類を切り替えます。

  • 「Fast Rate」ノブ: モジュレーションの最高速度を設定します。これは「Fast」ボタンが有効な場合にのみ適用されます。

  • 「Response」ノブ: ローターが最高および最低の速度に達するまでの時間を設定します。

  • 「Drive」ノブ: ディストーションを生成する入力ゲインの量を設定します。

  • 「Bright」スイッチ: スピーカーボックスの種類を切り替えます。

  • 「Slow」/「Brake」/「Fast」ボタン: スピーカーの動作を指定します。  「Slow」にすると、スピーカーはゆっくりと回転します。「Fast」にすると、スピーカーは速く回転します。「Fast Rate」ノブで設定した最高速度が上限です。「Brake」にすると、スピーカーの回転が停止します。

Total Tremolo

柔軟なトレモロエフェクトです(信号のレベルを変調します)。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Rate」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定するか、「Sync」ボタンを有効にしたときにホストのテンポに同期させるかどうかを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ホストのテンポと同期します。

  • 「Wave」ノブ: モジュレーション波形を切り替えます。

  • 「Smooth」ノブ: 波形の形状を変化させます。

  • 「Level」ノブ: トレモロの後のゲインの値を設定します。

  • 「1/2 Speed」ボタン: 現在の「Rate」の値を半分にします。

  • 「2x Speed」ボタン: 現在の「Rate」の値を倍にします。

  • 「Speed Up」ボタン: 押さえると、現在の「Rate」の値が、可能な範囲で最大の値まで徐々に上がります。

  • 「Slow Down」ボタン: 押さえると、現在の「Rate」の値が、可能な範囲で最小の値まで徐々に下がります。

Trem-o-Tone

トレモロエフェクトです(信号のレベルを変調します)。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Rate」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定するか、「Sync」ボタンを有効にしたときにホストのテンポに同期させるかどうかを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ホストのテンポと同期します。

  • 「Depth」ノブ: エフェクトの強さを設定します。

  • 「Level」ノブ: トレモロの後のゲインの値を設定します。

the Vibe

Hammond B3オルガンのスキャナ・ビブラート・エフェクト・ユニットに基づくビブラート/コーラスエフェクトです。

  • 「On/Off」スイッチ: ペダルを有効/無効にします。

  • 「Type」ノブ: 3つのビブラート(「V1」、「V2」、「V3」)またはコーラス(「C1」、「C2」、「C3」)のバリエーションから選択します。

  • 「Rate」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定するか、「Sync」ボタンを有効にしたときにホストのテンポに同期させるかどうかを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ホストのテンポと同期します。

  • 「Depth」ノブ: エフェクトの強さを設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?