Logic Pro X: ChromaVerbのメインディスプレイとDamping EQ

ChromaVerbのメインディスプレイとDamping EQ

メインウインドウには最もよく使われるパラメータがあり、グラフィックディスプレイにDampingイコライザのオーバーレイが表示されます。

詳細ウインドウには詳細パラメータがあり、6バンドの内蔵Output EQが表示されます。右上の「Main」ボタンまたは「Details」ボタンをクリックすると、ウインドウが切り替わります。

図。ChromaVerbの視覚化表示とDamping EQディスプレイ。

ChromaVerbのメインウインドウ表示とDamping EQのパラメータ

  • 「Room Type」ポップアップメニュー: 再現したいリバーブ空間の種類を選択します。ChromaVerbの部屋の種類を参照してください。

  • 「Main」/「Details」ボタン: メインウインドウと詳細ウインドウを切り替えます。

  • グラフィックディスプレイ: パラメータ値と入力信号に加えた変更がリアルタイムで視覚化されて表示されます。このディスプレイにはDamping EQカーブが重ねて表示されます。ディスプレイ内でDamping EQのカーブを変更することも、下のフィールドで調整することもできます。

    Damping EQでは、ディケイ信号の周波数が調整されます。Damping EQは4つの帯域に分かれていて、個別のハイシェルビングEQ帯域およびローシェルビングEQ帯域と、2つのパラメトリックEQ帯域があります。

  • ローシェルビングEQの点: 横方向にドラッグしてDamping EQのローシェルビング帯域の周波数を調整するか、縦方向にドラッグして比率を調整します。Optionキーを押したままクリックすると、デフォルト値にリセットされます。Q値を変更するには、Option+Commandキーを押しながら縦方向にドラッグします。

  • ローパラメトリックEQの点: 横方向にドラッグしてDamping EQのローパラメトリック帯域の周波数を調整するか、縦方向にドラッグして比率を調整します。Optionキーを押したままクリックすると、デフォルト値にリセットされます。Q値を変更するには、Option+Commandキーを押しながら縦方向にドラッグします。

  • ハイパラメトリックEQの点: 横方向にドラッグしてDamping EQのハイパラメトリック帯域の周波数を調整するか、縦方向にドラッグして比率を調整します。Optionキーを押したままクリックすると、デフォルト値にリセットされます。Q値を変更するには、Option+Commandキーを押しながら縦方向にドラッグします。

  • ハイシェルビングEQの点: 横方向にドラッグしてDamping EQのハイシェルビング帯域の周波数を調整するか、縦方向にドラッグして比率を調整します。Optionキーを押したままクリックすると、デフォルト値にリセットされます。Q値を変更するには、Option+Commandキーを押しながら縦方向にドラッグします。

    以下のパラメータはDamping EQの各帯域でまったく同じです:

    • 「Frequency」フィールド: Damping EQ帯域の中心周波数を設定します。

    • 「Ratio」フィールド: Damping EQ帯域の「Decay」パラメータのタイミング比を設定します。

    • 「Q」フィールド: Damping EQ帯域の中心周波数付近の帯域幅を設定します。

  • 可視化のオン/オフボタン: グラフィックディスプレイでのリアルタイムの可視化を有効/無効にします。

    注記:可視化は、処理のボトルネックを軽減してグラフィックの表示を高速にする効果があるMetalフレームワークをサポートするコンピュータでのみ機能します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?