Logic Pro X: Drum Machine Designerを使用する

Drum Machine Designerを使用する

Drum Machine Designerでは、現在読み込まれているパッチのエレクトロニック・ドラム・キットがグリッド表示されます。各セルは、ドラム・キット・ピースを表しています。

ドラムを再生したり、キットピースをミュート/ソロにしたり、各キットまたはキットピースのさまざまな設定を編集したりできます。

また、キット全体または個々のキットピースを交換することも、キットピースを並べ替えることもできます。

注記:一部のドラムの使用には、追加コンテンツのダウンロードが必要です。

ドラムまたはキットピースを演奏する

  • ドラムセルまたはキットピースのアイコンをクリックします。

キットピースをミュートする

  • ドラムセルにポインタを置いてから、表示される「M」ボタンをクリックします。

    図。Drum Machine Designerの「ミュート」ボタン。

    ミュートにされたセルが淡色表示されます。

キットピースをソロにする

  • ドラムセルにポインタを置いてから、表示される「S」ボタンをクリックします。

    図。Drum Machine Designerの「ソロ」ボタン。

    ほかのすべてのセルが淡色表示されます。

ドラムキットのサウンドを編集する

Smart Controlのパラメータを使えば、キット内のサウンドグループのレベルを変更できます。また、キット全体に影響する、サウンド処理とエフェクトのさまざまなオプションがあります。

  1. プラグインウインドウの上部のキット名をクリックします。

    図。Drum Machine Designerのヘッダ領域。
  2. Smart Controlのドラムキット用のパラメータを調整します。

    Smart Controlのミックス/エフェクトパネルおよびSmart Controlのセンドパネルを参照してください。

キットピースのサウンドを編集する

Smart Controlのパラメータを使えば、キット内の各ピースのサウンドの特性やレベルを変更できます。

  1. 編集したいキットピースをクリックします。

    図。キックドラムが選択されているDrum Machine Designerのインターフェイス。
  2. Smart Controlのパラメータを調整します。

    Smart Controlのキット・ピース・パネルを参照してください。

キットピースを並べ替える

  • キットピースをドラッグして移動します。

    これにより目に見える形は変わりますが、再生に影響はありません。

ドラムキットを交換する

  1. プラグインウインドウの上部のキット名をクリックします。

    図。Drum Machine Designerのヘッダ領域。
  2. ライブラリでパッチをクリックして、そのドラムキットを読み込みます。

キットピースを交換する

  1. ドラムセルをクリックします。

    図。セルが選択されているDrum Machine Designer。
  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • ライブラリでパッチをクリックして、キットピースを交換します。

    • Finder、オーディオ・ファイル・ブラウザ、またはループブラウザからセルにオーディオファイルをドラッグします。Logic Pro Xでサポートされるすべてのオーディオ・ファイル・フォーマットのファイルを使用できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?