Logic Pro X: SoundFont2、DLS、Gigasamplerファイルを読み込む

SoundFont2、DLS、Gigasamplerファイルを読み込む

「Sampler Instruments」フォルダに保存されたSoundFont2、DLS、Gigasamplerファイルは、EXS24 mkIIによって認識され、サンプラー音源に変換されます。

読み込んだサンプラー音源は、コンピュータの任意のハードディスクドライブに保存できます。ただし、サンプラー音源ポップアップメニューからこれらのサンプラー音源にアクセスするには、ターゲットフォルダのエイリアスを「~/ライブラリ/Application Support/Logic/Sampler Instruments」フォルダまたは「~/ミュージック/Audio Music Apps/Logic/Sampler Instruments」フォルダ内に作成しておく必要があります。

SoundFont2、DLS、またはGigasamplerファイルをEXS24 mkIIに読み込む

  1. Finderウインドウに「ライブラリ」フォルダを開くには、Optionキーを押したままデスクトップの「移動」メニューをクリックし、「ライブラリ」をクリックします。

  2. SoundFont2、DLS、Gigasamplerファイルを「~/ライブラリ/Application Support/Logic」にある「Sampler Instruments」フォルダまたは「~/ミュージック/Audio Music Apps/Logic」にある「Sampler Instruments」フォルダにコピーまたは移動します。

  3. サンプラー音源ポップアップメニューからSoundFont2、DLS、またはGigasamplerファイルを選択します。

    以下の通り、選択したファイルが自動的にサンプラー音源へ変換されます:

    • サンプラー音源ファイルは、「Sampler Instruments」フォルダに作成されます。このフォルダには、元のフォーマットのファイルが保存されます。

    • サンプラー音源で使用されるサンプルは、元のファイルフォーマットに応じて次のいずれかのフォルダに保存されます:

      • ~/ライブラリ/Application Support/Logic/SoundFont Samples

        または~/ミュージック/Audio Music Apps/Logic/SoundFont Samples

      • ~/ライブラリ/Application Support/Logic/Gigasampler Samples

        または~/ミュージック/Audio Music Apps/Logic/Gigasampler Samples

      • ~/ライブラリ/Application Support/Logic/DLS Samples

        または~/ミュージック/Audio Music Apps/Logic/DLS Samples

図。SoundFont、Gigasampler、およびDLSファイルを読み込むためのワークフロー。

SoundFont2ファイルの読み込みも上記の手順で可能です。これらのファイルタイプには1つの音源ファイルに加えて複数のサウンドが含まれています。

SoundFont2のBankファイルをEXS24 mkIIに読み込むと、Bankファイルの名前でBank用のフォルダとサンプル用のフォルダが作成されます。ただし、ファイル名の末尾には「Bank」または「Samples」の文字が付加されます。バンクに含まれるすべてのサウンドに対して自動的にサンプラー音源ファイルが作成され、新しい「Bank」フォルダに配置されます。サンプラー音源ポップアップメニューも、新しいフォルダ階層を反映したものに自動的にアップデートされます。また、「SoundFont」フォルダ内に「Samples」フォルダが自動的に追加され、バンクで使用するサンプルがすべてここに保存されます。たとえば、さまざまなビンテージ・ドラム・マシンのサウンドから50種類を超えるドラム・キット・サウンドを集めた「Vintage Drums」という名前のSoundFont2 BankファイルをEXS24 mkIIに読み込むと、次の処理が行われます:

  • 「~/ライブラリ/Application Support/Logic/Sampler Instruments」(または「~/ミュージック/Audio Music Apps/Logic/Sampler Instruments」)フォルダに「Vintage Drums Bank」という名前の新規のフォルダが作成されます。

  • 「~/ライブラリ/Application Support/Logic/SoundFont Samples」(または「~/ミュージック/Audio Music Apps/Logic/SoundFont Samples」)フォルダに「Vintage Drums Samples」という名前の新規のフォルダが作成されます。

  • サンプラー音源ポップアップメニューの階層表示がアップデートされ、最初にあった「Vintage Drums」エントリーが「Vintage Drums.Bank」エントリーに変わります。この新しいエントリーは個々のサンプラー音源が保存されているフォルダであり、これらのサンプラー音源を通常の方法で選択して読み込むことができます。

図。読み込んだSoundFont2のバンクファイルの階層を示す図。新しい「Vintage Drums Bank」および「Vintage Drums Samples」フォルダの場所が表示されています。

変換が完了したら、元のSoundFont2またはGigasamplerのソースファイルはハードディスクから削除してもかまいません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?