Logic Pro X: EXS24 mkIIのグループパラメータ

EXS24 mkIIのグループパラメータ

グループパラメータでは、割り当てられているすべてのゾーンを同時に制御できます。

図。グループ・パラメータ・カラムが表示されたインストゥルメントエディタ。

グループパラメータ

  • 「Group」の「名前」フィールド: グループ名を表示します。クリックすると、任意の名前を付けることができます。

  • 「キーの範囲」フィールド: グループのキーの範囲を指定します。

    • 低: グループの最も低いノートを設定します。

    • 高: グループの最も高いノートを設定します。このキー範囲以外のノートを演奏しても、グループに割り当てられたゾーンはトリガされません。

    注記:これらのパラメータの設定には時間をかけてください。これらのパラメータはゾーン範囲の設定を上書きし、場合によっては一部のゾーンが聞こえなくなってしまいます。

  • 音量: グループの全体的な音量(つまりグループ内のすべてのゾーンの音量)を調整します。これはミキシングコンソールのサブグループのような働きをします。

  • Pan: グループのパン位置(ステレオサンプルの場合のステレオバランス)、およびグループに属するすべてのゾーンのパン位置を同時に調整します。

    注記:この設定は、個別のゾーンパン調整に影響を及ぼします。

  • Output: グループで使用する出力を設定します。「Main」出力、チャンネルのペア、または個別の出力から選択できます。そのため、マルチ出力のEXS24 mkIIインスタンスの場合は、グループをAuxチャンネルに個別にルーティングできます。

    注記:この設定は、個別のゾーン出力割り当てに影響を及ぼします。

  • ポリフォニック: グループで演奏できるボイスの数を指定します。「最大」を選択すると、グループはパラメータウインドウの「voices」パラメータで設定したボイス数すべてを使用できます。

    ポリフォニックパラメータは、完全なドラムキットをキーボード全体にマッピングし、古典的なハイハットモードで演奏するという便利な使いかたができます。たとえば、オープンハイハットとクローズドハイハットのサンプルを同じグループに割り当て、グループの「ボイス」パラメータを1に設定します。すると、グループで使用できるボイス数が1つしかないため、2つのハイハットサンプルのうち最後にトリガされたものによってもう一方がミュートされます。これによって、本物のハイハットの動作を再現することができます。ゾーン内のサンプルが別のグループに割り当てられている場合は、ドラムキットのほかの音がポリフォニックに再生されます。

  • 「エクスクルーシブ」メニュー: 複数のグループを同じ「エクスクルーシブクラス」に割り当てます。同じクラスのグループは個別にしか使用できません。1つのグループがトリガされると、同じクラスのほかのグループはすべて無効になります。この動作は「ポリフォニック」パラメータと似ていますが、「ポリフォニック」がグループ内のゾーンを対象とするのに対して、「エクスクルーシブ」ではグループが対象になります。

  • 「fss」(Fixed Sample Select)チェックボックス: 「Sample Select」は通常、ベロシティによってトリガされます。ノートを受信すると、そのベロシティに割り当てられたゾーンが再生されます。「Sample Select」のモジュレーションソースをモジュレーションホイールに設定した場合は、ノートオンメッセージを受信すると、すべてのベロシティレイヤーのボイスが再生されます。ボイスの再生中には、モジュレーションホイールを使ってベロシティレイヤーをスムーズに切り替えることができます。この切り替えの際に特定のグループを除外したい場合は、「fss」パラメータをオンにします。これにより、「Sample Select」の対象が、ノートオン時のベロシティによってトリガされるゾーンのみに制限されます。

  • 「トリガ」メニュー: このグループに属するゾーンがキーダウン(「キーダウン」設定)でトリガされるようにするのか、キーリリース(「キーリリース」設定)でトリガされるようにするのかを指定します。これはたとえば、オルガンのキークリック音をエミュレートしたい場合に便利です。キーダウンでオルガンのノートをトリガし、キーリリースでオルガンのキークリックをトリガするようにします。

  • 「ディケイ」チェックボックス: チェックボックスを選択すると「ディケイ」の「時間」パラメータが有効になります。

    • (「ディケイ」の)「時間」フィールド: (キーリリースによってトリガされた)サンプルのレベルが0になるまでの時間(ディケイ時間)を設定します。

    注記:「ディケイ」パラメータは、「トリガ」パラメータが「キーリリース」に設定されている場合のみ有効です。

  • 「カットオフ」と「レゾナンス」フィールド: 「カットオフ」および「レゾナンス」設定をグループごとに個別にオフセットします。あるグループのみノートの最初のインパクトにフィルタを適用せず、ほかのグループにはフィルタを適用したい場合などに便利です。

  • 「エンベロープ1オフセット」/「エンベロープ2(Amp)オフセット」フィールド: パラメータウインドウのエンベロープ設定をグループごとに個別にオフセットします。これは、トリガされたサウンドの最初のインパクトの後、グループ内のサンプルに対してフィルタ(エンベロープ1)または音量(エンベロープ2)のエンベロープを適用したい場合に便利なパラメータです。

  • 「H」(Hold)フィールド: ディケイフェーズが始まる前の、最大アタックレベルの持続時間を設定します。

    注記:「トリガ」パラメータを「キーリリース」に設定すると、「時間」パラメータではエンベロープ2(音量エンベロープ)ではなく、ディケイレベルが制御されます。つまり、「トリガ」を「キーリリース」にした場合、「エンベロープ2(Amp)オフセット」は影響を受けません。

  • ベロシティの範囲: グループのベロシティの範囲を設定します。「ベロシティの範囲」はMIDIキーボードでの演奏の強弱によって動的にサンプルをミックスしたり切り替えたりするサウンドで便利です。この機能は、レイヤー化されたサウンド(ピアノ/弦楽器のレイヤーなど)を使用する場合や、異なるパーカッションサンプルを切り替える場合などに効果的です。

    • 低: グループをトリガする最小ベロシティを設定します。

    • 高: グループをトリガする最大ベロシティを設定します。このベロシティ範囲以外のノートを演奏しても、グループに割り当てられたゾーンはトリガされません。

    注記:ここで行う設定は、ゾーン設定よりも優先します。たとえば、ゾーンのベロシティ範囲の方がグループのベロシティ範囲よりも広い場合は、グループのベロシティ範囲が有効になります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?