Logic Pro X: Space Designerの概要

Space Designerの概要

Space Designerはコンボリューション(畳み込み演算)リバーブエフェクトです。これを使うと、現実世界を限りなくリアルに再現した音響環境にオーディオ信号を配置することができます。Space Designerは、オーディオ信号をインパルス・レスポンス・リバーブ・サンプルにコンボリューションする(畳み込む)方法によってリバーブを生成します。インパルスレスポンスとは、リバーブ特性を記録したデータのことです。より正確には、特定の部屋で発した音の最初の信号(スパイク)に続いて生じた反響音をすべて記録したデータです。実際のインパルス・レスポンス・ファイルは、標準的なオーディオファイルです。

これがどのように機能するかを理解するために、ボーカルトラックにSpace Designerを使う場合について考えてみましょう。実際のオペラハウスで録音したインパルス・レスポンス・ファイルをSpace Designerに読み込みます。このインパルス・レスポンス・ファイルはボーカルトラックにコンボリューションされ、オペラハウスの中で歌っているときと同じ残響が生まれます。

コンボリューション方式ならば、どのような空間でもオーディオ信号をシミュレートできます。スピーカーキャビネットの中や、プラスチックの玩具、段ボール箱の内部などの空間も、その残響を録音したインパルス・レスポンス・ファイルがあれば再現できます。必要なのは、その空間で録音したインパルスレスポンスだけです。

また、インパルスレスポンスを読み込むだけでなく、Space Designerにはインパルスレスポンス合成機能も組み込まれています。これにより、合成インパルスレスポンスを使って実際の空間では得られないユニークな効果を生み出すことができます。

Space Designerでは、エンベロープ、フィルタ、Output EQ、ステレオ/サラウンド・バランス・コントロールなどの機能を利用し、残響の強弱や音色、長短を緻密に制御することもできます。

Space Designerは、モノ、ステレオ、トゥルーステレオ(各チャンネルが個別に処理されるステレオ)、サラウンドエフェクトのいずれの信号でも処理できます。

自動化とSpace Designer

Space Designerは、ほかの多くのLogic Proプラグインとは異なり、完全に自動化することはできません。というのも、Space Designerでは、オーディオを再生する前にインパルスレスポンスを再読み込みする(およびコンボリューションを再計算する)必要があるためです。

ただし、以下のSpace Designerパラメータの動きを記録、編集、および再生することは可能です:

  • ステレオのX-Over(クロスオーバー)

  • 直接出力

  • リバーブ出力

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?